FC2ブログ

【民主党青年局北関東ブロック<民主党栃木県連主催>東京電力(株)純揚水式/小水式発電設備 現地調査!】

【民主党青年局北関東ブロック<民主党栃木県連 主催>
    東京電力(株)純揚水式/小水式 発電設備 現地調査!】

 と き:2012年10月29日(月)
 ところ:今市発電所/砥川発電所


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

国内でも屈指の規模を誇る<純揚水式>の今市発電所に。最大出力は、35万kw/h×3機=105万kw/h(=大型の原子力発電機おおよそ1機分に相当)。この様式の発電システムは高低差のある2つのダムを設け、比較的余裕のある夜間電力を用いて低い方(今市ダム)から高い方(栗山ダム)へ水を汲み上げます。そして日中の電力使用量ピーク時には高い方に貯めておいた水を低い方に放ち発電をするというもの。ただし通常のダムのように自然な河川からの流水によるものではないため、連続発電可能な時間は当然限定的で最長7時間。ちなみに、汲み上げ(ポンプアップ)には10時間を要します。つまり、昼間ピーク時など電力不足に陥りそうな場合の言わば『切り札』としてのバックアップシステムという大切な役割を担っている施設です。地下400mに設置された発電電動機(発電機とポンプを兼ねている)をはじめとする関連施設の...パーツの1つ1つが、日常で目にする物とはスケールが段違いです。とにかく、デカい!運転開始は昭和63(1988)年、当初総工費は1,800億円弱とのこと。

対称的に2年前、下側の今市ダムから排出されている自然流入分の水流を利活用するために設置されたのが、最大出力247kw/hの砥川発電所。電力事業者自体が設置者のため当然売電するわけにはいかず、純粋な再生可能エネルギーの利活用。総工費2億円弱とのこと。

福島第1原子力発電所事故以降も、新しく明確なエネルギー政策が未だ政府からは十分に示されていない現状。電気を起こし継続的な安定供給を確保するために不可欠なコストと、そこに携わる労働者の思いや置かれている厳しい環境に対する理解の促進。それぞれの現行発電システムの特徴を勘案し多様なシステムのベストミックスを模索すること、節電や省エネも駆使してその範囲でのライフスタイルに改めていくことこそが、私たちにできる目下現実的な対応なのではないでしょうか?もちろん新しいシステムの研究・開発などにも引き続き取り組み長期展望・目指すべき方向性を明らかにしながらも、まずは現実的な方法で冷静に我慢強く対応していく…何か昨日の「税と社会保障一体改革」にも通じます。エネルギー政策に関しても国民全体でのより深い議論とより明確な政治のリーダーシップが今こそ必要である!と、改めて痛感させられました。

民主党青年局北関東ブロック<民主党栃木県連主催>東京電力(株)純揚水式/小水式発電設備 現地調査①

民主党青年局北関東ブロック<民主党栃木県連主催>東京電力(株)純揚水式/小水式発電設備 現地調査②

民主党青年局北関東ブロック<民主党栃木県連主催>東京電力(株)純揚水式/小水式発電設備 現地調査③

民主党青年局北関東ブロック<民主党栃木県連主催>東京電力(株)純揚水式/小水式発電設備 現地調査④

民主党青年局北関東ブロック<民主党栃木県連主催>東京電力(株)純揚水式/小水式発電設備 現地調査⑤
スポンサーサイト



【民主党栃木県連 男女共同参画委員会<研修会>!】

【民主党栃木県連 男女共同参画委員会<研修会>で司会をしました!】
テーマ『社会保障と税の一体改革~子どもたちにツケを残さないために~』
講師『駒村康平 慶応義塾大学教授(経済学博士)』

 と き:2012年10月28日(日)
 ところ:結婚式場 アピア


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

先の国会で、民主党分裂劇!?の大きな要因となったテーマ。駒村先生は、小泉自公政権時に参議院厚生労働調査室客員調査員を、そして鳩山民主党政権発足時に当時の長妻厚労大臣に請われ厚労省顧問・社会保障審議会年金部会や生活保護基準部会長等を歴任された方。同法案の採決をめぐる国会の混乱ぶりはみなさん周知のところでしょうけど、いかなる政権下にあろうとも、今日も含め今後の我が国の人口構造やそれに基づく社会経済情勢を想定すれば、この分野に関わる山積する課題の解決に向けた対策は不可避であったはず。毎年40兆円を超える財政赤字、1,000兆円を超える累積債務、非正規労働者の増加で広がる格差・貧困問題、増加し続ける生活保護受給者、「団塊の世代」が75歳に到達し社会保障給付費が150兆円超と予測される2025年問題、等々…残念ながら今回の一連の騒動!?では、ほとんど消費増税にのみ論点が集中してしまった感は否めません…

駒村先生の講演からは、常態化する「衆参ねじれ国会」・マニフェストと総選挙の相関性・経済低成長下での負担の再分配・中長期的視点に立ったビジョン(構想)の欠如等々…様々な問題が複雑に絡み合う現下の厳しい現状の中で、全ての国民が全くの痛みもなく解決できる方法など到底あり得ないことを再認識すべきであり、したがって「夢のような!?素晴らしい!?抜本的改革!?」はあろうはずもなく、複雑であるがゆえに緊急的・最小限でできる改革に我慢強く対応していく知恵と勇気が肝要であると。今回の成案では消費税アップによる増収分は文字通り「社会保障の維持・充実」と同時に「財政健全化目標を達成」するためのものであるが、あくまでも「当面の維持」であり、この先の将来にわたる継続的な「解決」までは担保していない。今後も、その時々の社会情勢に見合った「不断の改革(=対応)」が必要とされる。(某政権が「百年安心!?」のフレーズを使用したことがあったが、現実的にはほぼあり得ないことも指摘…)
また今後求められる視点としては、「正義・理想を求める」ことは崇高ではあるが現実的に捉え直せば「明白な不条理・不正義を少なくする」政策(例えば、障がい者・難病患者政策等…)の遂行、そして物理的成長から「質」的成長への切り替え等を列挙。さらに今回の一体改革による制度の改善点である「子ども子育て新システム(=保育を必要とする全ての家族に保育サービスを保障する仕組み、仕事と暮らしの両立を可能にする仕組み)」を解説しながら、諸外国との比較により「女性の可能性を活かし切れていない日本社会」の実情についても力説。

以上、現状の分析から始まり、様々な課題提起と当面の対応について多くの示唆をいただきました。今回のテーマから派生する政策分野は、労働政策・男女共同参画政策・子ども子育て支援政策等、大変多岐にわたります。民主党が政権交代時に掲げた政権公約=マニフェストについては、政策遂行にあたって肝心の国民に対する説明・説得が決定的に不足していることを指摘されました。増税をはじめ国民の負担増を決定した政権が直後の選挙で敗退・退陣するという傾向は、何も日本に限った現象ではないようです。歴代政権が先送りしてしまった、しかしながら私たちが将来を迎えるにあたって不可避の課題にしっかりと道筋を付けるために、いづれかのタイミングで「時の政権」が決断しなければならないことは明白です。まさに今、その決断が下されたと捉えれば、多くの国民が納得できる、それぞれの負担に見合った、実効性ある制度としての運用がなされるように、これからこそが長期的な視点に立った議論をより国民的に拡大し、そして進化させていく、そうしたスタートラインに私たちは立ったと言えるのでしょう。
政権交代時に民主党が掲げたマニフェストからは国民の負担増までは読み取れなかったこと。そして法案採決前にも多くの国民が理解するために必要な時間と政府与党としての説明責任が十分とは言えなかったこと。今回の一連のことから、多くの反省を私なりに感じています…私は地方議員ですから当然、国会での議決はできません。国会議員と地方議員の連携・関わり方を含めた政党活動・政治活動のあり方について、改めて深刻に考えさせられました。厳しい現実とやがて来る将来。誤りなき決断を下すためには、皆様の「声」が当然反映されなければなりません。そして「議決」に先立って、そのための議論を展開・周知するのも政治に携わる者の大切な役割です。首相の意志がどんなに固くても、その足元がフラついていたのではマトモな議論にはならないですよね…自らのこれまでの行動・言動も猛省しながら、これまた反省すべき事情により何とも過ごしづらくなるであろう11月を迎えようとしています。民主党政権による政策転換の多くの成果についても調査・検証し、あらゆる課題について今後もさらに勉強させていただく所存です。

民主党栃木県連 男女共同参画委員会[研修会]①

民主党栃木県連 男女共同参画委員会[研修会]②

【栃木県伝統工芸品展2012!】

【<栃木県伝統工芸品展2012>に行ってきました!】
 と き:2012年10月21日(日)
 ところ:栃木県庁 昭和館


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

関連サイト【栃木県HP】<栃木県伝統工芸品展2012>
~見て!触れて!栃木の匠~ 製作実演や体験教室・工芸品販売等
http://www.pref.tochigi.lg.jp/f02/kouhou/23dentoukougetenn.html

【栃木県伝統工芸品展2012】その1
とちぎ<食と農>ふれあいフェアとの同時開催で、私が今年、議会での特別委員会活動で関わる伝統工芸品の展示や製作実演をしていました。画像は、現地調査の投稿の際、ご紹介できなかった『日光下駄』の山本さん。

栃木県伝統工芸品展2012①

栃木県伝統工芸品展2012②

栃木県伝統工芸品展2012③

【栃木県伝統工芸品展2012】その2
栃木県伝統工芸品展では、従来の工芸品に加え、これまでの発想の枠を超える新たなチャレンジに取り組む、若い作家の方々の斬新な作品も展示されていました。すでに全国規模の展示会などにも出展し、各方面からの評価も高く反響も上々とのこと。栃木県の特色を日本や世界に向けて効果的に発信していくためにも、もちろん伝統をしっかりと守りながら、こうした新しい取組への実効性ある行政支援のあり方について常に臨機応変に対応し、継続的に具体策を打ち立てていく必要性を感じました。

栃木県伝統工芸品展2012 その2①

栃木県伝統工芸品展2012 その2②

栃木県伝統工芸品展2012 その2③

【とちぎ<食と農>ふれあいフェア2012!】

【とちぎ<食と農>ふれあいフェア2012
   ~栃木の恵に感謝 秋の大収穫祭~に行ってきました!】

 と き:2012年10月21日(日)
 ところ:栃木県庁


昨年を上回る人出!大いに盛り上がっていました。

関連サイト【栃木県HP】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g02/kouhou/h24-syokunoufair.html

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

とちぎ<食と農>ふれあいフェア2012①

とちぎ<食と農>ふれあいフェア2012②

とちぎ<食と農>ふれあいフェア2012③

【宇都宮西部地区学童軟式野球交流会<第56回 親善大会>閉会式!】

【宇都宮西部地区学童軟式野球交流会
        <第56回 親善大会>閉会式に参加しました!】

 と き:2012年10月21日(日)
 ところ:宇都宮市篠井グラウンド


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

過日投稿した通り9月17日(月)より開幕した大会が、本日終わりました。会長・顧問のスピーチの後、表彰式では全チームから50人を超える6年生に記念メダルが贈呈されました。6年間を一生懸命に頑張った子どもたち!どの選手もとても充実した顔で、嬉しそうに受け取ってくれました。
そして、残念な話もありました…このリーグは本来12校参加ですが、以前にお伝えした通り今回やむを得ず不参加となっていた国本西小が選手不足を理由として正式に休部を決定したとのことです。身近に起きてしまった選手不足…もちろん学校として児童が減ってしまっているということなのでしょう。同じ宇都宮市内で、しかも極々近いところで、ある意味『格差』ともいうべき、こうした事態を目の当たりにし、政治に携わる者の1人として不甲斐なさを痛感しています…目下の少子化はすでに避けられないのかもしれませんが、やはり様々なレベル、様々な分野での明確な対策・ビジョンが必要ですよね…
さぁ、子どもたち!次の目標に向けて、全力でチャレンジだ!! おじさんも負けないように、また明日から全力で頑張ります!

宇都宮西部地区学童軟式野球交流会<第56回親善大会>閉会式

【連合栃木議員懇談会<政策研修>栃木県畜産酪農研究センター(放射性汚染対策・バイオガスプラント)現地調査!】

【連合栃木議員懇談会<政策研修>現地調査】
~栃木県畜産酪農研究センター
 <放射性汚染対策><バイオガスプラント>現地調査へ!~

 と き:2012年10月20日(土)
 ところ:栃木県畜産酪農研究センター


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

本日の調査2ヶ所目では、実際に発生してしまった放射性セシウムにより汚染された牧草・堆肥および草地更新等の除染や低減に関係する試験について概要聴取と、あわせて汚染された牧草・堆肥の処理保管状況とバイオガスプラントの現況調査を行いました。それぞれ県民の安全確保に向けた同センターの精力的・献身的な取組の着実な成果を、具体的数値に基づき検証。この課題に関する今後の中長期的取組についても、様々に示唆をいただきました。残念なのは、このセンターにも、やはり放射性汚染廃棄物の滞留が散見されたことです。放射性物質に関わる全ての取組も、最終的な部分の課題解決なくしては成し得ない!ということを改めて痛感しました。

関連サイト↓
民主党栃木県連HP【Pick up】 ※ 調査内容が記載されています!
http://www17.ocn.ne.jp/~minsyu/news.html#news20121019

栃木県畜産酪農研究センター[<放射性汚染対策><バイオガスプラント>現地調査]①

栃木県畜産酪農研究センター[<放射性汚染対策><バイオガスプラント>現地調査]②

栃木県畜産酪農研究センター[<放射性汚染対策><バイオガスプラント>現地調査]③

栃木県畜産酪農研究センター[<放射性汚染対策><バイオガスプラント>現地調査]④

【連合栃木議員懇談会<政策研修>放射性汚染物質低減対策事業 現地調査!】

【連合栃木議員懇談会<政策研修>現地調査】
~放射性汚染物質低減対策事業の調査へ!~

 と き:2012年10月20日(土)
 ところ:那須野が原公園


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

福島第一原子力発電所の事故以降、土壌等が汚染された公共施設・スペースにおける低減対策の概要聴取と現況調査。目標の60%はほぼ達成できているものの、1t土嚢で1,800体の汚染廃棄物が行き場なく積み上げられている…8,000ベクレル/kgを超える指定廃棄物でこそないが、これらの処理対策を早急に打ち立てなければならない。

関連サイト↓
民主党栃木県連HP【Pick up】 ※ 調査内容が記載されています!
http://www17.ocn.ne.jp/~minsyu/news.html#news20121019

放射性汚染物質低減対策事業[現地調査]①

放射性汚染物質低減対策事業[現地調査]②

放射性汚染物質低減対策事業[現地調査]③

放射性汚染物質低減対策事業[現地調査]④

【連合栃木議員懇談会<政策研修>電源開発株式会社 鬼首(おにこうべ)地熱発電所 現地調査!】

【連合栃木議員懇談会<政策研修>現地調査!】
 と き:2012年10月19日(金)
 ところ:電源開発株式会社<鬼首(おにこうべ)地熱発電所>


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

関連サイト↓
民主党栃木県連HP【Pick up】 ※ 調査内容が記載されています!
http://www17.ocn.ne.jp/~minsyu/news.html#news20121019

【電源開発株式会社<鬼首(おにこうべ)地熱発電所>を現地調査!】その1
予想以上に山奥に…電池切れ間近のため、取り急ぎ画像のみ先行投稿します。
参考サイト【電源開発HP】⇒ http://www.jpower.co.jp/
電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その1①

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その1②

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その1③

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その1④

【電源開発株式会社<鬼首(おにこうべ)地熱発電所>を現地調査!】その2
予想以上に山奥に…電池切れ間近のため、取り急ぎ画像のみ先行投稿します。
参考サイト【電源開発HP】⇒ http://www.jpower.co.jp/

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その2①

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その2②

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その2③

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その2④

【電源開発株式会社<鬼首(おにこうべ)地熱発電所>を現地調査!】その3
 と き:2012年10月20日(土)
 ところ:電源開発株式会社<鬼首(おにこうべ)地熱発電所>

昨日のつづきです。取り急ぎ画像のみにて、ご容赦を…
参考サイト【電源開発HP】⇒
http://www.jpower.co.jp/

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その3①

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その3②

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その3③

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その3④

【電源開発株式会社<鬼首(おにこうべ)地熱発電所>を現地調査!】その4
昨日のつづきです。取り急ぎ画像のみにて、ご容赦を…
参考サイト【電源開発HP】⇒
http://www.jpower.co.jp/

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その4①

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その4②

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その4③

【電源開発株式会社<鬼首(おにこうべ)地熱発電所>を現地調査!】その5
昨日のつづきです。取り急ぎ画像のみにて、ご容赦を…
参考サイト【電源開発HP】⇒
http://www.jpower.co.jp/

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その5①

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その5②

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その5③

電源開発(株)鬼首地熱発電所現地調査その5④

【鬼首(おにこうべ)の夕暮れと月】
『金田一耕助』が現れることもなく(笑)『悪魔の手鞠唄』も流れることはありませんでした(笑)
ちなみに、あの物語の舞台は岡山県なんだとか…
こちらは宮城県、現在の大崎市は鳴子温泉郷のさらに道深く山深く道進んだ閑静な温泉処。
夕暮れに浮かぶ月明かりが、何とも幻想的だったので…
— 場所: 鬼首温泉

参考サイト【鬼首(おにこうべ)村:現在 大崎市】
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E9%A6%96%E6%9D%91
参考サイト【鬼首(おにこうべ)温泉】
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E9%A6%96%E6%B8%A9%E6%B3%89#_
鬼首夕暮れと月

【連合栃木議員懇談会<政策研修>現地調査に行ってまいります!】他

【連合栃木議員懇談会<政策研修>
                現地調査に行ってまいります!】

 と き:2012年10月19日(金)
 ところ:宮城県


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

みなさん、おはようございます!本日・明日と自治体議員フォーラム栃木との共催による、調査活動に。本日は、私の父方の曾祖母ゆかりの地でもある宮城県は大崎市鳴子温泉郷の鬼首地熱発電所へ、再生可能エネルギー調査の一環として行ってまいります。画像は、東北道にて鬼怒川渡河の際、高原山が綺麗に見えたので(^^)

関連サイト↓ ※ 調査内容が記載されています!
民主党栃木県連HP【Pick up】
http://www17.ocn.ne.jp/~minsyu/news.html#news20121019

連合栃木議員懇談会[政策研修 現地調査]①

【<奥州街道 う~めん 番所>で昼食!】
宮城県は白石市名物<う~めん>をいただきました。ビタミンB群たっぷりの古代米甘酒ではじまり、トロミがとても優しい温かい<おくずかけう~めん>、古代米が練り込まれた方は本来夏向けの<酢だまり氷>でつけ麺風に、そして最後は柿のゼリー。蔵王の麓で秋風を感じながら、地産地消のヘルシーな昼食をいただきました。ちなみに、ご記憶の方もいらっしゃるかもしれませんが、吉永小百合さんを起用したJR東日本のデスティネーションキャンペーンは4年前、総事業費4,000万円が投じられ<う~めん>と<白石>の知名度UPに見事成功した事例でもあります。

店舗HP【奥州街道 う~めん 番所】
http://umenbansho.com/

連合栃木議員懇談会[政策研修 現地調査]②昼食

連合栃木議員懇談会[政策研修 現地調査]③昼食

連合栃木議員懇談会[政策研修 現地調査]④昼食

間もなく、研修先に到着見込み。
日差しとは裏腹に、冷たい風が吹き、小雨がパラついてきました…(- -;)
— 場所: あ・ら・伊達な道の駅

連合栃木議員懇談会[政策研修 現地調査]⑤到着前

連合栃木議員懇談会[政策研修 現地調査]⑥到着前

【栃木県庁 滝の原会<平成24年度 総会・懇親会>に参加します!】

【栃木県庁 滝の原会
 <平成24年度 総会・懇親会>に参加します!】

 と き:2012年10月18日(木)
 ところ:ホテルニューイタヤ


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

文字通り栃木県庁に勤務する宇都宮高校同窓のみなさんの毎年恒例の集まりです。普段はあまり意識しませんけど(失礼…)本当に多くの同窓生が、日々栃木県政発展のために奮闘しています。今晩は、どんな先輩?後輩?もしかすると同級生とも会えるのか?とても楽しみです!まぁ~男子校なんですけどね…(--;)

栃木県庁滝の原会[平成24年度総会・懇親会]

【自動車総連栃木地方協議会<平成25年度 自動車関係諸税に関する要望>受付!】

【自動車総連栃木地方協議会
<平成25年度 自動車関係諸税に関する要望>受付!】

 と き:2012年10月17日(水)
 ところ:民主党栃木県総支部連合会


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

いつもご支援をいただいております労働団体『全日本自動車産業労働組合総連合会(通称)自動車総連』栃木地方協議会(議長=吉成 剛 氏)より、例年同様、税制改正に関する要望を受け付けました。本県には多くの自動車産業関連会社が集積し、労働団体も製造から販売まで含めると日産・ホンダ・SUBARU(富士重工)・いすゞ・三菱・ダイハツ・日野・マツダとあらゆるメーカー関連会社に組織されています。民主党政権が成立してから、自動車重量税額は着実に段階的な引き下げが図られてきましたが、諸外国と比較するとユーザーにとっての車体課税負担はまだまだ過重と言わざるを得ない状況が続いています。時代背景や経済状況の違う時代に設定された、いわゆる『暫定税率』も『当分の間税率』として現在も残存し、抜本的改革は道半ばです…今や生活必需品となっている自動車。特に、マイカー保有が多い栃木県の現状や今後の自動車関連産業の底上げを考えると、自動車関係諸税負担軽減・簡素化を主旨とする今回の要望に関しては、政府には、これまで以上に速やかに明確な道筋を付ける必要があると思います。

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】①

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】②

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】表紙

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】①

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】②

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】③

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】④

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】⑤

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】⑥

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】⑦

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】⑧

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】⑨

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】⑩

自動車総連栃木地方協議会【平成25年度自動車関係諸税に関する要望】⑪

【栃木県議会<第314回通常会議>本会議採決!】

【栃木県議会<第314回通常会議>本会議
                         採決 行われる!】

 と き:2012年10月17日(水)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

先に投稿しました通り、本日第314回通常会議が終わりました。(※ 通年議会導入により会期自体は12月27日(木)まであるため『閉会』ではなく本日『散会』。以降『休会』扱いとなります。)
本会議採決結果については、執行部より上程された一般会計補正予算案をはじめ条例一部改正案等の計21議案は、全会一致で<可決>。
------------------------------
ご参考まで、今回の一般会計補正予算案他の全議案が公表されていますのでご紹介します。
関連リンク【栃木県HP経営管理部財政課:平成24年度9月補正予算案について(平成24年
9月10日)】⇒ http://www.pref.tochigi.lg.jp/b01/pref/zaiseijinji/yosan/20120910.html
関連リンク【栃木県議会HP:平成24年第314回通常会議 条例案・事件議案の概要
(平成24年9月19日)】⇒ http://www.pref.tochigi.lg.jp/b01/20120919.html
------------------------------
なお、追加議案として<平成23年度栃木県歳入歳出決算の認定について><平成23年度栃木県継続費精算報告書><平成23年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の報告について>が上程され、監査委員より前述の決算ならびに基金運用状況の審査意見の報告がありました。これを受け、この議案はまず決算特別委員会に付託(全会一致で可決)され、明日より認定審査が始まります。
関連リンク【栃木県HP経営管理部財政課:平成23年度普通会計決算(見込)について
(平成24年8月6日)】⇒ http://www.pref.tochigi.lg.jp/b01/pref/zaiseijinji/kessan/20120806.html

【陳情・請願】については、以下の通り。
<取り下げ>⇒○取調べの可視化(全過程の録画)の速やかな実現を推進する決議・意見書
           採択の陳情(栃木県弁護士会)
<採  択>⇒○県有施設への災害対策用LPガス仕様ガスヒートポンプシステムの整備・推進に
           関する請願
<継続審査>⇒①「調理員増員費」(県単補助事業)継続についての陳情
          ②塩谷地区における県立高校普通科の募集定員の確保等に関する請願
          ③栃木県内の私学に通う子どもたちに安心した教育をするための陳情
          ④受動喫煙防止条例の早期制定を求める陳情
          ⑤農地に解放された産業廃棄物の行政による撤去に関する請願
          ⑥産業廃棄物最終処分場設置反対陳情
          ⑦原発から再生可能エネルギーの推進へエネルギー政策の転換を求める陳情
【意見書】については、以下の通り、全会一致で採択。
 ①脱法ドラッグに対する対策の強化を求める意見書
 ②中小企業金融円滑化法の失効に伴う万全の対応を求める意見書
 ③我が国の領土主権を守るための法整備等を求める意見書
【決議】については、以下の通り、全会一致で採択。
 ①第32回オリンピック競技大会及び第16回パラリンピック競技大会の東京招致に関する決議
 ②韓国大統領の竹島上陸と天皇陛下に関する発言に抗議する決議
【その他】第12回都道府県議会議員研究交流大会への議員派遣。全会一致で採択。
     私も含め11月13日(火)政策課題についての情報・意見交換のため例年東京で
     行われる当該大会に行ってまいります。
以上が、本日の議決事項の概要です。
次回、第315回定例会議は12月11日(日)~12月27日(木)の日程で予定されています。
------------------------------
※来年度の予算編成方針もすでに公表されていますので、ご参考までご紹介します。
関連リンク【栃木県HP経営管理部財政課:平成25年度当初予算編成方針について
(平成24年10月12日)】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/b01/pref/zaiseijinji/yosan/201210111.html

【栃木県議会<第314回通常会議>予算特別委員会 採決!】

【栃木県議会<第314回通常会議>予算特別委員会
                         採決 行われる!】

 と き:2012年10月15日(月)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

本日は、今通常会議に上程され予特委に付託された一般会計補正予算案をはじめ条例一部改正案の計12議案(これまでに投稿済み)について、各常任委員会での部局別調査結果報告の後、採決が行われました。一括採決の結果、全議案=賛成全員。次の手順は、明後日の本会議での採決を経て議決⇒通常会議の閉議となります。

ご参考まで、今回の一般会計補正予算案他が公表されていますのでご紹介します。

関連リンク【栃木県HP経営管理部財政課:平成24年度9月補正予算案について
(平成24年9月10日)】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/b01/pref/zaiseijinji/yosan/20120910.html

あわせて来年度の予算編成方針もすでに公表されていますので、ご参考までご紹介します。

関連リンク【栃木県HP経営管理部財政課:平成25年度当初予算編成方針について
(平成24年10月12日)】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/b01/pref/zaiseijinji/yosan/201210111.html

【藤井弘一 宇都宮市議会議員<在職25年記念祝賀会>音楽の夕べ!】

【藤井弘一 宇都宮市議会議員
<在職25年記念祝賀会>音楽の夕べに参加しています!】

 と き:2012年10月14日(日)
 ところ:ホテルニューイタヤ


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

私の地元・宇都宮市は東地区(もちろん出身小中学校も!)の先輩であり、国会議員秘書の先輩でもあり、同じ政党に所属し・同じ労働団体の支援を受ける、共通することがとても多いこともあり、本当に頼もしい先輩議員です。先生の益々のご活躍を、ご期待申し上げます。おめでとうございます!

藤井弘一宇都宮市議【在職25周年記念祝賀会 音楽の夕べ】

【民主党栃木県総支部連合会<講演会>!】

【民主党栃木県総支部連合会<講演会>開催される!】
 と き:2012年10月13日(土)
 ところ:栃木県総合文化センター


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

本日午後<デフレの正体[角川書店 2010年]>の著者 藻谷浩介(もたに こうすけ)先生による講演『人口減少社会における栃木県の地域活性化戦略』を聴講。藻谷氏は現在、(株)日本総合研究所調査部 主席研究員。私自身は、去る5月17日(木)に投稿した<民主党地方自治体議員フォーラム[全国研修会]>に続き、2回目の聴講。従来の経済理論による「思い込み」「勘違い」を極力排し、例えば、往々にして高齢化率等の「確率」で論じらてれる経済分析を、年齢別人口の「絶対数」によって捉えた結果から導き出される、氏の持論というよりもより客観的なデータに基づいた分析による解説。これからの日本経済はどうあるべきか?もっとも演題の『人口減少』という表現自体が、正確ではない…との指摘も。『人口は、横ばい』がどちらかというと正しいとのこと。むしろ『現役世代の人口減少』がいわゆる“カネ回り”の悪さの大きな要因。カネの流れを良くするために、どこにターゲットを絞り、どんなを戦略を打ち立てることが有効なのか?実現可能な政策、非現実的な政策…様々に示唆をいただきました。世に氾濫する情報を整理し、正確な視点を持つことの重要性を、改めて痛感させられました。

関連リンク【ハイライト 藻谷浩介 氏(日本総合研究所 調査部 主席研究員)「ライバルが栄えれば日本も‐“お受験思考”から脱却を」‐科学技術 全て伝えます サイエンスポータル‐】
http://scienceportal.jp/highlight/2012/120411.html

民主党栃木県連【講演会】

【宇都宮市政懇談会<報告>!】

【宇都宮市政懇談会(平成24年度)ご報告です!】
 と き:2012年10月12日(金)
 ところ:宇都宮市役所


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

去る10月9日(火)、宇都宮市役所において<平成24年度 宇都宮市政懇談会>が開催されました。宇都宮市長・副市長をはじめ宇都宮市議会正副議長・各会派代表者の方と、地元選出の全県議会議員を対象とした、毎年恒例の会合です。宇都宮市から栃木県に対する、予算措置要望事項の聴取・意見交換が行われます。今回は画像の通り全26項目の内、重点事項7項目、新規事項5項目。今後、党・会派の議論の俎上に載せ、内容の精査と今後の対策を打ち立てるために早急に対応したいと思います。

<重点事項>
1.旧競馬場跡地等を活用した総合スポーツゾーンの形成について
3.重度心身障がい者医療費助成制度の「現物給付方式」に伴う現行補助率の維持について
6.こども医療費助成制度の現物給付方式に対する補助減率の緩和について
7.生活交通の確保に向けた支援制度の拡充について
14.砂防施設・急傾斜地の整備について
15.市街地再開発事業に対する支援措置について
17.民間木造住宅の耐震化に対する支援措置について
<新規事項>
5.とちぎ子ども救急電話相談における対象者並びに相談時間の拡大について
17.(再掲)
24.「スクールカウンセラー活用事業」の充実について
25.適応指導教室の設置・運営等に係る支援について
26.信号機の設置に対する予算枠の拡大について続きを読む— 場所: 栃木県庁

宇都宮市政懇談会(平成24年度)報告①

宇都宮市政懇談会(平成24年度)報告②

【栃木県議会<産業振興対策特別委員会>行われる!】

【栃木県議会<産業振興対策特別委員会>行われる!】
 と き:2012年10月11日(木)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

10月11日(木)午後1:30より<産業振興対策特別委員会>の会議が行われました。今年4月のスタートから12月までの期限なので、通常より3ヶ月分短い設置期間となります。私自身、副委員長の役職は初めての経験なので、常により緊張感をもって臨んでいるつもりです。また今年は、通年議会の導入により常任委員会(私は現在、文教警察委員会に所属)でも「特定テーマ」が設定され、それぞれの政策分野ごとの提言を取りまとめた報告書が作成されるようになりますので、特別委員会では、より広範囲な政策分野にまたがる提言を取りまとめることが求められます。以前も投稿で触れてきた通り、当特別委員会では以下の3点を重点テーマとし、それぞれの現状や課題に基づき、今後の施策の展開方向を探っています。
今回は、正副委員長による報告書の骨子案を委員に提示し、これをベースに討議を行いましたので、次回は、新たにもしくは追加して発議されたものも参考に、報告書の取りまとめ作業を進めてまいります。詳細につきましては、後日ブログにでもUPしたいと思いますので、都度
お知らせ申し上げます。

(1)中小地場産業(伝統工芸品産業)の活力向上について(例.益子焼・結城紬・日光彫等)
→(課題)①需要の低迷
      ②認知度の低下
      ③低い生産性
      ④後継者の不足
      ⑤旧来の流通形態
⇒(展開)①普及宣伝の強化
      ②新商品開発及び販路拡大
      ③後継者の育成・確保
      ④流通形態の改善

(2)観光業の活力向上について
→(課題)①日帰り観光客の増加(宿泊・連泊が少ない…)
      ②日光・那須等個々の知名度は高いが観光地間の連携が弱く、
       県全体としてのブランドイメージが希薄
      ③ホスピタリティーに関する受入体制の未整備(例.接客マナー習慣等)
⇒(展開)①誘客の情報発信強化
      ②観光ニーズへの対応強化(例.着地型・体験型商品開発、
       目玉商品の開発、女性・子ども・若者向け観光メニュー開発等)
      ③受入体制の整備強化(例.平日・シーズンオフ対策の強化、リピーター獲得対策)
      ④地域ブランド力強化⑤観光イベントやキャンペーンの実施

(3)フードバレーとちぎの推進について
→(課題)①商品開発
      ②販路開拓
      ③企業誘致
      ④農業をはじめとする関連産業の高付加価値化
      ⑤新事業展開に向けたリーダー育成
⇒(展開)①多様なニーズに対する農業生産の対応力の強化
      ②農商工連携の場づくりや6次産業化に向けた環境づくりの推進
      ③栃木県の特色を生かした商品づくりの推進
      ④「フードバレーとちぎ」推進事業の充実
      ⑤「フードバレーとちぎ」推進体制の充実・強化
      ⑥長期的な取組

また、この他、産業労働観光部経営支援課より報告1件。来年3月末の「中小企業金融円滑化法」期限切れに対応するために政府が政策パッケージを公表していますが、これに基づき本県でも栃木県信用保証協会が中心となり県内金融機関や商工団体などからなる「とちぎ中小企業支援ネットワーク」が組織されます。県内中小企業の経営改善や再生支援のために各機関が相互連携を強化し、地域全体のスキル向上と支援実効性の向上を目的としています。この課題に対し、県議会として、近日中に当特別委員会と経済企業(常任)委員会の正副委員長が各機関への協力要請に訪問することが了承されましたので、以後の動向についても改めてご報告させていただきます。

栃木県議会 産業振興対策特別委員会①

栃木県議会 産業振興対策特別委員会②

【栃木県議会<文教警察委員会>開催される!】

【栃木県議会<文教警察委員会>開催される!】
 と き:2012年10月10日(水)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

今通常会議中2回目の<文教警察委員会>が開催されました。先週は執行部提案の議案審査がメインでしたが、今回は、4月よりスタートした全国初の通年議会の導入に伴う常任委員会活性化策のひとつである「特定テーマ」に基づく提言書の取りまとめに向けた総括討議が行われました。これまでも私は、特に発達障がい対策やいじめ対策、県教委や県警と地域との連携対策など、折に触れ発言をしてまいりました。今回の委員会としての提言の中にこれらの要望も盛り込まれるよう、発言をしました。

栃木県教育委員会<教員の資質と指導力の向上について>
①教員の資質の確保(養成から採用)
②資質向上につながる研修の充実
③教員の専門性の向上(今日的な課題への対応)
④教育環境づくり(学びを支える環境づくり)

栃木県警察本部<子どもの安全・安心の確保について>
①犯罪防止に配慮したまちづくり
②地域社会との連携(自主防犯団体への支援)
③子どもの安全対策の強化
④有害情報の遮断、取締り強化
⑤安全な交通環境の確保

※画像(2枚目)は警察所管の内、7月18日(水)の奈良県への現地調査の投稿でも触れました「子どもを犯罪の被害から守る条例」の栃木県警での検討状況の報告があり、本日の読売新聞栃木版に記事が掲載されましたのでご報告。現行法・条例では取締りが及ばない事案について、より抑止効果の見込める「罰則規定」も設けての「(仮称)栃木県子どもを犯罪の被害から守る条例(案)」。これからパブコメや議会での議決を経て、来年前半での制定が目指されています。

栃木県議会 文教警察委員会①

【宇都宮市政懇談会(平成24年度)に出席します!】

【宇都宮市政懇談会(平成24年度)に出席します!】
 と き:2012年10月9日(火)
 ところ:宇都宮市役所


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

宇都宮市長・副市長をはじめ宇都宮市議会正副議長・各会派代表者の方と、地元選出の全県議会議員を対象とした、この時期、毎年恒例の政策懇談会です。市長選(11月)直前でもあるので、市長の思い・考えもよく聞いてまいりたいと思います。

宇都宮市政懇談会(平成24年度)

【民主党青年局北関東ブロック<茨城県連主催>政治スクール!】

【民主党青年局北関東ブロック<茨城県連主催>
                  政治スクールに参加しました!】

 と き:2012年10月7日(日)
 ところ:茨城県南生涯学習センター


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

【開会前に…】
茨城県はJR土浦駅前のウララビルにて、これから福嶋浩彦 元我孫子市長(千葉県)/元消費者庁長官と三神尊志 さいたま市議会議員の講義を聴講します。特に福嶋元市長は、市長在任中の議会とのガチンコなやり取りでも知る人ぞ知る、名物改革派首長。和室ならではの窮屈さとの闘いにもなりそうですけど(- -;)よく勉強してまいりたいと思います!

民主党青年局北関東ブロック 茨城県連主催 政治スクール①

【福嶋浩彦元我孫子市長/元消費者庁長官の講演!】
福嶋元市長の講演は、2回目の聴講。主に「市民の自治と議会の役割」「公共はすべて市民のもの」の2つのレジュメに基づき、地方の首長と住民の関係や、同じく『意思決定機関』としての議会=議員と住民の関係から、あるべき住民の権力行使や、『監視機能』に留まらない議会の役割についての話。住民参加の本質や、自治基本条例・議会基本条例等についても、様々な示唆をいただきました!

民主党青年局北関東ブロック 茨城県連主催 政治スクール②

民主党青年局北関東ブロック 茨城県連主催 政治スクール②-1

民主党青年局北関東ブロック 茨城県連主催 政治スクール②-2

【三神尊志 さいたま市議会議員の講演!】
同ブロックで代表世話人を務める新進気鋭の三神議員から「会派におけるローカルマニフェストサイクル構築に向けて」の講演。議会基本条例の策定や、いわゆる事業仕分け的な機能を担う決算・行政評価特別委員会の設置、議会内超党派による政策別プロジェクトチーム制の導入等、独自の取組の概要を聴取。そして、それぞれの取組の実行・検証過程において、極力市民参加を促すとともに採り入れていることは特筆。私が所属する会派<民主党・無所属クラブ>でも、通年議会や議会基本条例は、栃木県連のローカルマニフェストでも掲げていましたが、残念ながら市民参加の視点が不足していたと反省…今回の講義を参考に、足元からの戦略の練り直しの必要性を痛感させられました。

民主党青年局北関東ブロック 茨城県連主催 政治スクール③

民主党青年局北関東ブロック 茨城県連主催 政治スクール③-1

【宇都宮市<河内地区>体育祭!】

【宇都宮市<河内地区>体育祭に参加してきました!】
 と き:2012年10月7日(日)
 ところ:宇都宮市立古里中学校


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

8:20開会予定時刻に駆け付けるも、昨夜からの降雨により10時の開会に。宇都宮市との合併から6年が過ぎましたが、旧町時代からの地域の結束力は健在。一方で人手不足等の諸事情から、不参加に追い込まれる自治会もチラホラ…自治会のメンツをかけて、ぜひ最後まで怪我のないように頑張っていただきたいと思います。ぬかるむグラウンド整備等、関係各位のご尽力に敬意を表します。

宇都宮市河内地区【体育祭】①

宇都宮市河内地区【体育祭】②

宇都宮市河内地区【体育祭】③

【鹿沼今宮神社祭に!~鹿沼ぶっつけ秋祭り~】

【鹿沼今宮神社祭に!~鹿沼ぶっつけ秋祭り~】
  国指定重要無形民俗文化財<屋台行事>

 と き:2012年10月6日(土)
 ところ:今宮神社


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

ちょっと時間ができたので、顔出しに。ちょうど各町会屋台の“繰り込み”の最中。それぞれが個性的で芸術性の高い、数々の屋台に感嘆。秘書時代の担当地区でもあったので、道中何人かの懐かしい顔触れにも遭遇!同僚の松井県議に会えなかったのは少々心残り…(--;) みなさん、頑張って盛り上げてください!

鹿沼今宮神社祭①

鹿沼今宮神社祭②

鹿沼今宮神社祭③

【(学)桜ヶ丘学園<ゆたか幼稚園>運動会!】

【(学)桜ヶ丘学園<ゆたか幼稚園>
                    運動会に参加してきました!】

 と き:2012年10月6日(土)
 ところ:宇都宮市立岡本西小学校


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

私の子ども達3人もお世話になった同園の運動会に、毎年お招きいただいています。とても練習が行き届いているとみえて、キビキビとした園児達のご挨拶や立ち居振舞いに脱帽!もちろん、どの演技もしっかりと、元気いっぱい!! 百点満点でした。来年も楽しみにしてますよ(^.^)

ゆたか幼稚園【運動会】①

ゆたか幼稚園【運動会】②

ゆたか幼稚園【運動会】③

ゆたか幼稚園【運動会】④

【栃木県議会<第314回通常会議>文教警察委員会!】

【栃木県議会<第314回通常会議>文教警察委員会
                           開催される!】

 と き:2012年10月5日(金)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

本日は、今通常会議に上程されている一般会計補正予算案をはじめ条例一部改正案や請願・陳情についての審査と、栃木県警察本部および栃木県教育委員会事務局からの報告事項について質疑が行われました。
県警本部所管分は、補正予算案が可決。「取調べ録音・録画の試行拡大に伴う装置の整備に要する経費」2千万円余が計上され、これにより県内全19警察署に同装置が配備されることとなります。報告事項としては、取調べ録音...・録画の現状についてとサイバー犯罪に対する取組状況が。私からは、先の予算特別委員会<総括質疑>で触れた「いじめ対策」について、学校と警察の協定に基づく連携の状況について、特に平時からの情報共有基準の確認と定期性確保の要望をしたく質疑を。
教育委員会事務局所管分は、補正予算案として、これも上記同様、過日の予算特で取り上げた“スクールサポーター3名増員費”と“いじめ対応マニュアル改訂費”を盛り込んだ「いじめ問題緊急対策事業費」や、2014年頭早々に本県日光市で開催される予定の冬季国体の準備事業としての『アイスショー』や『春のとちぎ“食と農”フェア』開催経費、宇都宮市竹下町(清原地区)の飛山城や栃木市嘉右衛門町の伝統的建造物郡保存地区への被災文化財緊急復旧対策事業費の5千3百万円余が計上された他、条例一部改正1本が可決。「塩谷地区県立高校普通化募集定員確保」に関する請願が、継続審議。報告事項としては盛り沢山で、本年度「教育委員会の点検・評価」報告書、今夏の県北での食中毒事案に対応し「各種イベント開催時の安全確保対応」について、足利市での中学生アルバイト就労時死亡事故を受けての「調査結果および足利市教委の調査結果」について、全国各地で頻発した通学時児童等交通事故を受けての「通学路緊急合同点検結果」について、昨年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題調査結果による“いじめ認知件数”等」について、「県内スポーツ施設の現状と課題」について。私からはこれもまた、先の予算特別委員会<総括質疑>で触れた「いじめ対策」について、県教委が“いじめ解消”と確認した後も特に“心の傷”を負ってしまっているであろう子どもたちへの『アフターケア(不登校などに、決して追い込んでしまわないように…)』や、<いじめる><いじめられる><傍観する>等それぞれの立場を網羅した、しかも学校(教員・児童生徒)のみならず保護者=家庭にも向けた“いじめ対応マニュアル”の周知・徹底を早急に実行すべきと改めて要望しました。

参考【栃木県議会<第314回通常会議>予算特別委員会 総括質疑 2012/10/03(水)】
インターネット中継録画 ⇒ http://www.discussvision.net/tochigiken/index.html

栃木県議会 文教警察委員会①

栃木県議会 文教警察委員会②

【栃木県議会<第314回 通常会議>予算特別委員会 総括質疑!】

【栃木県議会<第314回 通常会議>予算特別委員会
                 総括質疑に登壇しました!】

 と き:2012年10月3日(水)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

本日10月3日(水)午前11:10から持ち時間25分で『いじめ対策について』以下の質疑を行いました。
(1)いじめ対応マニュアルの改訂について
(2)学校と保護者との連携について
(3)学校と地域との連携について

※中継録画をご覧いただけます!
Webサイト【栃木県議会 ⇒ 議会中継】
http://www.discussvision.net/tochigiken/index.html

大津事件の後、栃木県教育委員会(以下、県教委)は県内全小中高校の児童生徒に対し“いじめ”に関する緊急アンケートを行いました。今通常会議では、いじめ問題緊急対策事業費としてスクールサポーター(3名)増員費と「いじめ対応マニュアル改訂版」作成費が一般会計補正予算案として計上されましたので、この際、学校=教員だけでなく家庭=保護者や地域まで総ぐるみでのいじめ対策が講じられるよう、これまでの県教委の取組を確認・検証しながら、今後のリーダーシップの発揮に向けた要望や新しいルールとしてのいじめから子どもを守るための条例づくりを提案しました。私が未熟なために思い・考えが伝えきれず、また県教委(教育長)・知事の答弁も引き出しきれず、消化不良。反省しきりです…来週は、文教警察(常任)委員会に舞台が移りますので、今回積み残したものは可能な限り発言したいと思っています。カメラの向こうで応援していただいた皆様に、心から御礼申し上げます!ありがとうございましたm(__)m

栃木県議会 第314回通常会議 予算委員会総括質疑

【民主党栃木県連/民主党・無所属クラブ<政策・予算要望>提出!】

【民主党栃木県連/民主党・無所属クラブ
       福田知事に<政策・予算要望>を提出しました!】

 と き:2012年10月2日(火)
 ところ:栃木県庁


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

以下の投稿、シェアします。私は富岡県連代表(衆議院議員)に同席し、知事に概要説明をさせていただきました。去る6月下旬、県内各業界団体等からヒアリングした対県要望をまとめたものです。以下、民主党栃木県連HPより記事を転載しました。↓

<10月2日(火) 栃木県へ要望書の提出>
10月2日(火)、民主党栃木県連(富岡芳忠代表)と「民主党・無所属クラブ」(佐藤栄代表)は、県庁・知事室にて県関係の政策や予算についての要望書を福田富一栃木県知事に提出した。この要望書は、本年7月に県連が実施した「平成25年度概算要求ヒアリング」の際に、業界団体から県に対し出された要望・要請を精査した内容。放射性物質の拡散による風評被害の払拭や、学童保育に対する県独自の補助制度の創設の提案など 11項目を盛り込み、10月末日までの回答を申し入れた。これらの要望について、福田知事は「予算に関係する項目もあり、期日までの対応の確定は出来ないが、経過報告を県議会の会派を通じて報告する。」と回答した。
プロフィール

斉藤たかあき【栃木県議会議員】宇都宮市・上三川町選挙区/4期目【国民民主党】栃木県総支部連合会 代表【連合栃木】議員懇談会 幹事長【UAゼンセン】栃木県支部 政治顧問

Author:斉藤たかあき【栃木県議会議員】宇都宮市・上三川町選挙区/4期目【国民民主党】栃木県総支部連合会 代表【連合栃木】議員懇談会 幹事長【UAゼンセン】栃木県支部 政治顧問
↓こちらからも、ぜひ ↓

斉藤たかあき公式サイト

↓ リアルタイムな発信は ↓

斉藤たかあき公式 Twitter

斉藤たかあき公式 Facebook

↓ こちら試行中… ↓
↓ でも、ぜひぜひ ↓

斉藤たかあき公式 Instagram

斉藤たかあき公式 YouTube

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

●性格は有言実行タイプ。自分では、即断即決タイプだと思っている。心身ともに、とにかくタフ!そして大胆!でも意外に繊細かも…!?
●家族は、妻と子供3人(2女1男)と父とワンコ①
●血液型は、AB型
●スポーツ歴は ↓
・器械体操(小)ソフトテニス(中・高)軟式野球(大)
・ゴルフは、お付き合い程度…
・最近1日およそ1万歩のウォーキング!⇒ 季節の移ろいなど自然観察が存分に楽しめるのでハマる…
●空(特に積乱雲)天体(特に流星群)動物・植物・昆虫等々、興味津々 ^^
●古墳・石碑・神社仏閣等の歴史由緒や鉄道跡・河川跡等を探るのが好き。
●ラーメン・そば・うどん等、麺類全般が好物 ^^ 酒は、平均以上(笑)

1972年2月23日
宇都宮市東塙田に生まれる。市立東小学校~同陽北中学校~県立宇都宮高等学校を経て、日本大学法学部政治経済学科卒業/秋山和宏ゼミ12期生(政治過程論)
1994年3月
衆議院議員やなせ進事務所に入所
1998年7月
参議院議員やなせ進公設秘書に就任(~2007年2月)
2005年10月
国会議員政策担当秘書の資格を取得
2007年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)6位 初当選
2011年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)当選/2期目
2015年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)当選/3期目
2019年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)当選/4期目

<現在の主な役職>
・栃木県武術太極拳連盟 会長
・宇都宮市太極拳協会 会長
・オール栃木アームレスリング連盟 会長
・栃木県ボディビル・フィットネス連盟 会長
・宇都宮テニス協会 会長
・宇都宮西部地区学童野球交流会 顧問

・赤帽栃木県軽自動車運送協同組合 顧問

・宇都宮市立田原中学校PTA 顧問
・宇都宮市立田原西小学校地域協議会 会長
・宇都宮市東地区体育協会 顧問

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR