【栃木県議会<文教警察委員会>現地調査!】

【栃木県議会<文教警察委員会>現地調査に行ってきました!】

 と き:2012年11月30日(金)
 ところ:栃木県日光市(旧今市市)大沢地区(木和田島)
 

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

昨日午前中は、平成17年12月1日に当時小学1年生だった吉田有希ちゃんが拉致・殺害遺棄された『今市事件』の捜査・取組について調査を行いました。当時の拉致現場には「子ども緊急通報装置」が設置され、鬱蒼と繁っていた木立も見通し良く伐採されています。献花と黙祷を捧げた後、今もなお緊迫した雰囲気の中で必死の捜索を続ける今市警察署の捜査本部で、進捗や現状について栃木県警察本部刑事部長より概要聴取を行いました。事件解決のため風化抑止対策、今後の犯罪抑止・防止対策等、現在も懸命の取組が行われています。改めて有希ちゃんご冥福をお祈りするとともに、一刻も早い犯人逮捕を願うばかりです。同時に、同様の事件を決して発生させないためのあらゆる対策が万全に行われるよう、今後も引き続き議会での活動に取り組んでまいります。

20121130栃木県議会<文教警察委員会>現地調査①

栃木県議会<文教警察委員会>現地調査②

栃木県議会<文教警察委員会>現地調査③
スポンサーサイト

【斉藤たかあき後援会<緊急幹事会>とちぎ新政策研究会<第3回研修会>!】

【斉藤たかあき後援会<緊急幹事会>
   &とちぎ新政策研究会<第3回研修会>開催!】


 と き:2012年11月30日(金)
 ところ:ホテルニューイタヤ
 

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

11月30日(金)、斉藤たかあき後援会<緊急常任幹事会>と政策研修会を開催していただきました。短期決戦での臨戦態勢は、私たちの組織にとっても初体験…いつも厚かましいお願いばかりで、後援会のみなさんには本当に恐縮するばかりですm(__)m
一転して、研修会ではアタマを切り換えて、7月以降の私自身の県議会をはじめとする定例活動報告を行った後、メンバーのみなさんからの近況報告で盛り上がりました。
逆境・苦境の中にもかかわらず、こうして力強く温かく支えていただけるみなさんに、改めて心から感謝申し上げます。未来への責任!みなさんと一緒に、しっかりと果たしてまいりたいと思います。

とちぎ新政策研究会<第3回研修会>

【前衆議院議員 石森ひさつぐ<総決起集会>!】

【前衆議院議員 石森ひさつぐ<総決起集会>行われる!】
 と き:2012年11月29日(木)
 ところ:アピア
 

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

11月29日(木)、衆議院総選挙をいよいよ目前に控えての開催。急ピッチの準備にもかかわらず、多くの支援者にご参集いただき盛り上げていただきました。私自身、国政に、民主党に納得がいかず、“もの”申したいことはたくさんありますが、せっかく緒のついた改革ですから<石森ひさつぐ総合選挙対策委員会>の事務局長として、しっかり踏ん張ってまいります。リアルタイムな投稿が叶わず、申し訳ございません…

石森ひさつぐ[総決起集会]

【石森ひさつぐ総合選対対策委員会<結成大会>!】

【衆議院議員 石森ひさつぐ総合選挙対策委員会
                <結成大会>行われる!】

 と き:2012年11月28日(水)
 ところ:栃木県労働者福祉センター
 

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

昨晩、通称『たたかう!脳外科医』石森さんの2回目となる総選挙挑戦の“やぐら”が立ち上がりました。委員長には先輩の佐藤栄 栃木県議が、不肖 私は事務局長を拝命。後援会・政党・労働団体、あらゆる力が結集されました。異例の短期決戦です。将来への責任を果たすための取組に、全力を尽くしてまいります!

20121129石森ひさつぐ総合選対対策委員会[結成大会]①

石森ひさつぐ総合選対対策委員会[結成大会]②

【全国都道府県議会議長会<第12回 都道府県議会議員研究交流大会>!】

【全国都道府県議会議長会
       <第12回 都道府県議会議員
                研究交流大会>に参加しました!】

 と き:2012年11月13日(火)
 ところ:日本都市センター会館/都市センターホテル
 

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

これから『風雲、急を告げる』永田町…のお隣(笑) 平河町は日本都市センター会館に向かいます。国政の話ではなく!?地方議員としての研鑽のため【全国都道府県議会議長会<第12回 都道府県議会議員研究交流大会>】に参加してきます!ちょっと到着が早かったので、四ッ谷から歩いてみるかぁ~(-.-) — 場所: 四ツ谷駅
全国都道府県議会議長会<都道府県議会議員研修交流大会>①

【全国都道府県議会議長会<第12回 都道府県議会議員研究交流大会>に参加してます!】その1
主催者として本会会長の山本教和 三重県議会議長からご挨拶の後、第1部として倉重篤郎 毎日新聞社論説委員長による『日本政治の行方』と題した講演が始まりました。すごい人数、すごい熱気です…が…しかし<民主系>少なし(--;) これが地方自治体議会の現実か…!? — 場所: 日本都市センター会館/都市センターホテル
全国都道府県議会議長会<都道府県議会議員研修交流大会>②

【全国都道府県議会議長会<第12回 都道府県議会議員研究交流大会>に参加してます!】その2
第1部の講演者からは『衆議院の年内解散濃厚!』との結び…これは、大方の地方議会が<定例会>(栃木県の場合は<通常会議>と称す)を開催している最中に総選挙が行われることを意味しています。察しはついているものの、にわかに会場ザワめく。
これから第2部分科会が始まります。私の担当は第4分科会<議会運営の改革>。コーディネーターは、牛山久仁彦 明大政経学部教授。パネリストは、大関衛 秋田県議と舟橋裕幸 三重県議会副議長。栃木県ではすでに通年議会を導入していますが、他自治体議員の取組や意見も拝聴しながら今後のさらなる改革の方向性について探ってまいります。 — 場所: 日本都市センター会館/都市センターホテル
全国都道府県議会議長会<都道府県議会議員研修交流大会>③

【UAゼンセン栃木県支部<結成総会>に参加しました!】

【UAゼンセン栃木県支部<結成総会>に参加しました!】
 と き:2012年11月10日(土)
 ところ:ホテルニューイタヤ
 

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

昨日11月10日(土)私が準組織内議員・政治顧問としてお世話になっている擁立団体【UIゼンセン同盟(正式名称=全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟)】が、全国(本部)の大会を経て、同様業種の団体である【JSD(正式名称=日本サービス・流通労働組合連合)】と統合したことにより、栃木県域の単位組織の連合体である栃木県支部として新団体【UAゼンセン(正式名称=全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟)】の<結成総会>が行われました。
去る8月26日にも投稿しましたが、上方修正します。全国では加盟組合2,478組合・組合員1,412,674名を数える、民間単位労働組織による日本最大の産業別構成組織の誕生です。
産業と労働が国民・社会に深く関わるものだからこそ、組織としての意志反映を上部団体である連合(=日本労働組合総連合会)のみならず業界団体や企業に対しても働き掛け、理念・政策を同じくする私たち各級議員(もしくは候補)を支援し、政策実現に向けた取組が展開されてきました。今後も、東日本大震災後の復興・再生をはじめ、男女共同参画社会の実現に向けた取組の推進や、ワーク・ライフ・バランス(=仕事と生活の調和)社会の実現等、課題は山積しています。
また今総会を機に9年間の長きにわたり栃木県支部長を務められた倉石豊彦さんが京都府支部へ転出されるのをはじめ、お世話になった多くの方々が県支部の役職を退任されました。これまでのご尽力ご高配に心から敬意と謝意を表しますとともに、今後のご健勝ご活躍をお祈り申し上げます。今後も、大所高所からのご指導ご鞭撻を賜りたく存じます。
私自身は6年前、国会議員秘書から県議会議員を目指すべく準備を始めた時から、組織を挙げてのご支援ご協力をいただいてまいりました。振り返れば、本当に感慨深いものがあります。これからも新組織と同様、私自身も常に新しい展望を追求してまいる所存です。私も仲間のみなさんとともに社会全般にわたる諸課題について、理想の社会の実現を目指しながら、様々な政策・制度要求の実現をはじめとする“現実的な対応”に今後も全力を尽くしてまいりたいと思います。

UAゼンセン栃木県支部<結成総会>①

UAゼンセン栃木県支部<結成総会>②

UAゼンセン栃木県支部<結成総会>③

UAゼンセン栃木県支部<結成総会>④

【宇都宮市PTA連合会<バレーボール大会>田原西小の応援に!】

【宇都宮市PTA連合会<バレーボール大会>田原西小の応援に!】
 と き:2012年11月11日(日)
 ところ:簗瀬小学校
 

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

我が田原西小チーム、1回戦は対今泉小。画像は、ビハインドで2セット目に臨む。(私は選手ではありませんが…)結果は、残念ながら惜敗…(>_<) 初出場だった3年前に1勝をあげたものの、以来、勝利の女神は微笑んでくれていないらしい…ξ 6月の<ソフトボール大会>も、未だ勝ち星なし…(こちらは、私も選手として出場)どちらも、みんな一生懸命に練習に励んでいるんですけどねぇ~(- -;) みなさん、大変お疲れ様でした!来年の勝利を目指して、また頑張りましょう(^^)b
宇都宮市PTA連合会<バレーボール大会>

【民主党・無所属クラブ<行政調査(岐阜県・愛知県)>!】

【民主党・無所属クラブ<行政調査>!】
 と き:2012年11月8日(木)・11月9日(金)
 ところ:岐阜県可児市・愛知県名古屋市


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

おはようございます!今日と明日、岐阜県可児市と愛知県に行政調査に行ってまいります。

可児市 子どものいじめの防止に関する条例【http://www.city.kani.lg.jp/view.rbz?cd=4022
愛知県 薬物の濫用の防止に関する条例【http://www.pref.aichi.jp/0000055363.html

民主党・無所属クラブ<行政調査>①

今日は、よく晴れてますね。車窓から、やや雲がかかってしまいましたけど、すでに冠雪している富士山を望む!@新富士駅 近辺 — 場所: 新幹線
民主党・無所属クラブ<行政調査>②

名古屋駅に到着。今にも雨か振りだしそうな曇天…ξ これから中央線<セントラルライナー7号>に乗り換えです。 — 場所: 名古屋駅 (Nagoya Sta.)
民主党・無所属クラブ<行政調査>③

民主党・無所属クラブ<行政調査>④

多治見駅を出ました。お次はJR太多線。岐阜行き各駅停車は、なんとワンマン気動(ディーゼル)車=2両編成!いい雰囲気出てます。 — 場所: 多治見駅
民主党・無所属クラブ<行政調査>⑤

【行政調査<可児(かに)市 子どものいじめの防止に関する条例>】
場所-可児市役所
昨日11月8日(木)岐阜県は可児市に赴き、大きな社会問題となっている『いじめ』対策としては画期的で、去る10月3日に施行されたばかりの<可児市 子どものいじめの防止に関する条例>について、制定に至るまでの経緯や概要・特色等を調査してまいりました。(今回は、議会で会派を組む<民主党・無所属クラブ>のメンバーによる政務調査です。)
特筆すべきは、可児市長の重い決意です。以下、可児市の提示資料から、斉藤による聴取の要約を記載します。
①所管が<教育委員会>ではなく、<市長部局>の市民部(人づくり文化課 人権・男女共同参画係)である。(理由 ⇒『いじめ』をなくし、子どもが健やかに成長できる環境をつくることは社会全体の課題であり、最終的には市長の責任であると考えている。『いじめ』の背景には社会や家庭の問題等、学校以外の要因があり、学校現場だけでなく、幅広く取り組んでいく必要がある。)
②市・学校・保護者・市民・事業者など関係者の責務を位置付け(=子どもも含む)社会全体で『いじめ』...を防止して、子どもが健やかに育つ環境を実現する(=啓発・教育・支援・通報・相談等による)という市の姿勢を明らかにしている。
③市や学校の取組、<いじめ防止専門委員会(=いわゆる第3者機関)>の設置とその権限等を位置付け、具体的な『いじめ』防止や解決のための方策(調査・審査・審議・関係者間の調整等)を明らかにしている。
④子どもの『いじめ』防止に特化した条例である。
⑤非常勤の委員ではあるが、<いじめ防止専門委員会(委員4名)>を≪常設≫としたこと。(特別顧問は<尾木ママ>こと尾木直樹氏!委員の職業は、弁護士・臨床心理士・岐阜大学大学院教育学研究科 准教授・中濃(=地域名)子ども相談センター家庭支援課長。常勤体制は、事務局として社会福祉士の事務局長1名+同じく社会福祉士でかつソーシャルワーカーの元家庭児童相談所のベテラン相談員1名の計2名がバックアップしている。)
⑥市長は<いじめ防止専門委員会>の調査・調整等の結果を受け、必要に応じて関係者に対し≪是正要請≫をし、経過の確認、結果の員会への報告を行う。≪是正要請≫を受けた者は、要請に係る対応状況を市長に報告する。
⑦<いじめ防止専門委員会>は、毎年の活動状況等を市長に報告する。市長は、報告内容を市民に公表する。市長は、≪是正要請≫と対応状況の内容についても公表することができる。

奇しくも条例が施行された10月3日は、栃木県議会<第314回 通常会議>の最中。滋賀県大津市での事件等の影響を受け、栃木県でも補正予算案で『いじめ』対策の費用が計上されたことから、私が予算特別委員会<総括質疑>に登壇し、この問題に関して質疑を行う日でした。そんなタイミングでしたので、当日の新聞各紙朝刊にも<可児市条例>の概要等が掲載されていました。質疑の最後に、この条例を引き合いに出し『いじめ』対策は本県では、主たる所管は教育委員会であるかもしれないが、トップである知事のリーダーシップの必要性を質すために所見を伺いましたが「よく読んでみる…」との答弁でした。
<市と県>=<基礎自治体と中間自治体>の違いや、<文部科学省>や<教育委員会>制度自体が抱える課題等もありますが、今回の可児市長の「何としても、子ども達を守る!」という並々ならぬ決意や、この課題に特化した条例制定という踏み込んだ取組からは、大いに参考にすべきことがたくさんあると思います。
本県でも「子ども達を守る!」ため『いじめ対策』の具体化が実感できる、みなさんに実感していただけるよう、今後も市町との連携も含め、意識的な取組を展開してまいります。

快く応対していただきました可児市市民部長 片桐様、同人づくり文化課長 纐纈様、同人権・男女共同参画係長 織間様、同市議会事務局長 佐橋様はじめ今回の調査にご高配いただきました皆様に、改めて御礼申し上げます。

可児市HP いじめの防止【http://www.city.kani.lg.jp/info.rbz?nd=1112&ik=3

民主党・無所属クラブ<行政調査>⑥

民主党・無所属クラブ<行政調査>⑧

民主党・無所属クラブ<行政調査>⑦

岐阜県可児市議会での行政調査を終え、只今は名鉄広見線で名古屋への移動中。天気、持ち直してきたみたい。
場所-名鉄新可児駅
民主党・無所属クラブ<行政調査>⑨

民主党・無所属クラブ<行政調査>⑩

【行政調査<愛知県 薬物の濫用の防止に関する条例>】
場所-愛知県庁
昨日11月9日(金)は愛知県庁に伺い、いわゆる『脱法ハーブ』『脱法ドラッグ』対策として制定され、罰則規定を設ける等、愛知県独自の先駆的な<薬物の濫用の防止に関する条例>(去る10月16日一部施行<規制関係以外>、来年4月1日全面施行<規制関係>)について、経緯や概要・特色等の調査を行ってまいりました。(今回は、議会で会派を組む<民主党・無所属クラブ>のメンバーによる政務調査です。)
愛知県は、大都市を抱えている事情もあり、東京都・大阪府と並んで『脱法ハーブ』を販売している、あるいは販売している疑いのある店舗?が多いとのこと。(実際には、一見とても店舗には見えないような、いわゆる『アジト?』的なところが多いらしい…)そして、さらに驚いたことに、自販機による販売も行われていたようです。
また、今年2月に20代の男性が『脱法ハーブ』吸引後にショックにより急死したとされる事件や、同じく10月には県議会での当条例案議決直前に、『脱法ハーブ』吸引後と疑われる30代男性が女子高生を自動車ではね死なせてしまった事件等が発生しました。

これらのことから『脱法ハーブ』『脱法ドラッグ』の蔓延と濫用の防止を図ることにより、県民の健康と安全を守り、平穏かつ安心して暮らすことができる社会を実現しようと、法律である<薬事法>では及ばない独自の対策を講ずるために、県および県民の責務を盛り込んだ条例制定に着手したとのこと。
国が<薬事法>により『指定薬物』として規制をしても、その規制を逃れるために化学構造の一部を変えた物質が新たに利用されている現状は、まさに「いたちごっこ」…そこで<薬事法>による国指定の禁止薬物を「(医療目的以外に)販売・貯蔵してはならない」という範疇より踏み込み、愛知県は本条例によって国指定+知事指定薬物を追加し「販売・授与目的での所持・広告」をも禁止行為に規定。
さらに「禁止行為を行った者に対し警告」と「警告に従わない者に対する中止命令」を新たに規制内容として盛り込みました。特筆すべきは、罰則規定。上記の禁止行為の内「所持」を行った者と同様に「広告」に対する中止命令に違反した者には「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」、「所持」に対する中止命令に違反した者には「2年以下の懲役または100万円以下の罰金」という内容です。
また、条例制定と並行して、禁止薬物の検出に必要な検査機器の整備や、薬物乱用防止の啓発活動(注意喚起のための資材作成や講演会の開催)に要する経費を補正予算に計上する等、実効性を高めるための取組が同時に展開されています。
条例制定に至るまでの特徴的な課題としては、罰則規定を設けるための(名古屋地方)検察庁との法規審査会での協議(法律を超える規定は困難=条例の上限について)、現行犯以外の立件・立証が困難なため立入権限を持つ愛知県警察との連携、検査体制の充実・強化(適正な人員配置・増強等)、青少年健全育成の観点から関係する各種団体・運動との連携等、様々に各方面の示唆をいただきました。

栃木県議会では、去る10月に開催された<第314回 通常会議>において、国・国会に対する≪脱法ドラッグに対する対策の強化を求める意見書≫を議決しています。国に対し、踏み込んだ対応を求めるのは従前から行っている手法です。もちろん、とても重要なことです。
一方で『地方分権』『地域主権』の必要性が叫ばれ、改革・変革も徐々に進んでいる昨今ではあります。先の『いじめ』対策も然りですが、自治体ごとの主体性・独自性について今こそ住民ぐるみで再考し、出来ること・可能なことは、迅速に、かつ着実に取組を進めていく…議会にも、行政にも、そうした取組についての『リーダーシップ』が求められている…地元への帰路、そんなことを改めて深く考えさせられた、今回の一連の調査活動でした。

愛知県HP 薬物の濫用の防止に関する条例【http://www.pref.aichi.jp/0000055363.html
栃木県議会 脱法ドラッグに対する対策の強化を求める意見書(2012年10月17日)【http://pref-tochigi.gijiroku.com/VOICES/Gikaidoc/IkenView.asp?ISrchID=1085&BUNRUI=6&KWORD1&KWORD2

民主党・無所属クラブ<行政調査>⑪

民主党・無所属クラブ<行政調査>⑫

民主党・無所属クラブ<行政調査>⑬

≪番外編 名古屋城へ!≫
新幹線の時間まで小1時間ほどあったので、駆け足での観覧…(- -;)

名古屋城①

名古屋城⑥

名古屋城⑦

名古屋城⑧

名古屋城⑨

名古屋城⑩

名古屋城②

名古屋城④

名古屋城③

名古屋城⑤

【栃木県議会<産業振興対策特別委員会>副委員長として!】

【栃木県議会<産業振興対策特別委員会>副委員長として!】
 と き:2012年11月6日(火)
 

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

※先程<とちぎテレビ>の夕方ニュースでも放映されました!
本日午前中、栃木銀行⇒栃木県信用保証協会⇒足利銀行を順次訪問してきました。
それぞれ両頭取と会長に面会。目的は「中小企業金融円滑化法の失効(来年3月末日)に伴う中小・零細企業に対する支援について」の要請・要望。常任委員会である<経済企業委員会>と<産業振興対策特別委員会>の各正副委員長4名、そして執行部からは<産業労働観光部長>が一緒になっての統一行動。
「中小企業金融円滑化法」とは、民主党政権が誕生して間もなく成立した、いわゆる「金融モラトリアム法」。時限立法であったため、すでに2度(約2年間)の延長をしているが、いよいよ失効期限が近付いてきたため、すでに今後の対応として国が示している「中小企業の経営支援のための政策パッケージ」も踏まえ、地域における各金融機関の(保証協会とも十分に連携した)金融仲介機能(融資等)とコンサルティング機能を従来以上に発揮し、各企業の実情に応じた積極的な支援を行うため、円滑な資金調達と経営改善や事業再生等のための環境整備を求めるもの。特にこれから年末の資金需要期を迎えるので、融資や保証審査において、個々の企業の特性・将来性に十分留意した、きめ細かな対応の必要性を訴えてまいりました。
なお、栃木県議会では国に対しても、先の<第314回 通常会議>最終日に下記の意見書を議決し、内閣総理大臣・経済産業大臣・内閣官房長官・内閣府特命担当大臣(金融)・衆参両院議長宛てに、すでに送付しています。以下、参考までリンクを用意しましたので、ご参照ください。

栃木県議会【<中小企業金融円滑化法の失効に伴う万全の対応を求める意見書>2012年10月17日】
http://pref-tochigi.gijiroku.com/VOICES/Gikaidoc/IkenView.asp?ISrchID=1086&BUNRUI=6&KWORD1&KWORD2

内閣府・金融庁・中小企業庁
【<中小企業金融円滑化法の最終延長を踏まえた中小企業の経営支援のための政策パッケージ>2012年4月20日】
http://www.fsa.go.jp/news/23/ginkou/20120420-2/01.pdf
内閣府・金融庁・中小企業庁
【<企業再生支援機構及び中小企業再生支援協議会の機能及び連携の強化>2012年4月20日】
http://www.fsa.go.jp/news/23/ginkou/20120420-2/02.pdf

下野新聞:記事【<ファンド必要性検討へ とちぎ中小企業支援ネット>2012年10月19日(朝刊)】
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/economics/news/20121019/902670

また、午後には<産業振興対策特別委員会>の会議が行われました。
午前中の上記の行動報告から始まり、以下の特別委員会の本題へ。去る10月11日に開催した前回会議では、中小地場(伝統工芸品)産業・観光業の活力向上や「フードバレーとちぎ」の推進についての提言・意見等を盛り込んだ報告書の取りまとめにあたり、正副委員長による骨子案(※下記ブログ参照!)を提示し、各委員から追加意見等を聴取・協議しましたので、新たに追加が生じた部分を修正した正副委員長案を改めて提示。無事、成案を得ましたので、12月に行われる<第315回 通常会議>で報告される予定です。
なお、詳細につきましては後日、改めて<ブログ>斉藤たかあき活動ニュース【http://takasaito.blog41.fc2.com/】で報告させていただく予定です。

斉藤たかあき活動ニュース【栃木県議会<産業振興対策特別委員会>行われる!】2012年10月11日
http://takasaito.blog41.fc2.com/blog-entry-90.html

栃木県議会<産業振興対策特別委員会>副委員長として

【<MIYA JAZZ INN 2012>に行ってきました!】

【<MIYA JAZZ INN 2012>に来ています!】
 と き:2012年11月3日(土)
 ところ:オリオンスクエア


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

私の長女が所属する宇都宮市立田原中学校の演奏が始まるところです!ちょっと緊張通り越えて思いっきり『ヒキツリ』気味の我が娘(笑) ガンバレ(^^)/ ⇒ みんな、よく頑張りました!素晴しい演奏でした!ブラボぉ~

ギャラリーで盛り上げてくれたみなさん、準備に余念がなかった先生方や保護者のみなさん、快く歓迎してくれた地元商店街のみなさん、そして主催のスタッフのみなさん… 多くの方達のご協力で君達は、いつも楽しく演奏に興じられるのです!常に感謝の気持ちを忘れずに、これからも楽しく、そして一生懸命に励んでください!

MIYA JAZZ INN 2012①

MIYA JAZZ INN 2012②

※参考サイト【MIYA JAZZ INN】
http://miyajazz.jp/
※参考サイト【宇都宮市立田原中学校】
http://www.ueis.ed.jp/school/tawara-j/

【<とちぎ元気グルメまつり2012>に行ってきました!】

【<とちぎ元気グルメまつり2012>に行ってきました!】
 と き:2012年11月3日(土)
 ところ:栃木県庁


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

【<とちぎ元気グルメまつり>】その1
開会式から出席しました。出だしから好調でした。
とちぎ元気グルメまつり①その1
後で聞いたところによると、なんと!2日間で128,000人の来場があったとのこと!

※参考サイト:下野新聞11月4日 朝刊<とちぎグルメまつり開幕 各地の味を堪能>
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20121104/914137

【<とちぎ元気グルメまつり>】その2
1発目は、上三川町【黒炒飯】
一風変わった色合いとソースの甘味が絶妙!
とちぎ元気グルメまつり②その2
準グランプリ受賞、おめでとうございました!

【<とちぎ元気グルメまつり>】その3
2発目は、茂木町の【ゆず塩あんかけ焼きそば】
ほんのり香るゆずの風味とほどよい塩加減。麺と具材の相性も抜群です!
とちぎ元気グルメまつり③その3

とちぎ元気グルメまつり④その3

【<とちぎ元気グルメまつり>】その4
3発目は、ご存知!佐野市は【いもフライ】
ホックホクで、とても甘い!アツアツのフライとソースの風味が絶妙。
とちぎ元気グルメまつり⑤その4

とちぎ元気グルメまつり⑥その4

【<とちぎ元気グルメまつり>】その5
4発目は、高根沢町【タンタンアイ◇ラン丼】&【県産牛串焼(にっこりおろしソースがけ)】
まろやか、クリーミー!ほんのり甘めのグリーンカレー。そして、肉の旨味をしっかり引き出す、フルーティーソースのハーモニー!
とちぎ元気グルメまつり⑦その5

とちぎ元気グルメまつり⑧その5

とちぎ元気グルメまつり⑨その5

番外編⇒鹿沼市【にらそば】真岡市【いちごめし】食べ急ぐあまり、画像を撮り忘れる…(- -;) 新鮮な『にら』の風味(^^)b 思ったより『いちご』の風味は弱め…しょっぱい好きなので結果、味はgood !

※参考サイト:下野新聞11月5日 朝刊<とちぎ元気グルメまつりに12万8,000人 宇都宮>
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20121104/914899

県内各地から名だたる<グルメ>が集結しただけありまして、会場は大盛況!同時開催の<商業祭 宮の市><MIYA JAZZ INN 2012><宇都宮餃子祭り 2012>との相乗効果もあって、当日は街中あふれ返らんばかりの人出でした(^^) ただ課題として、元々の市街地での店舗経営者へのダメージへの配慮やよりスムーズな交通アクセス等が挙げられるでしょう。ひとつひとつの課題にも丁寧に対処していくことが、継続的な成功へと繋がるのだと思います。みなさんもご意見やご要望がございましたら、ぜひ教えてください。ぜひ一緒に、考えましょう。これからの宇都宮と栃木県を盛り上げるために!

【第6回オールジャパンカップ アームレスリング選手権大会&第23回オール栃木アームレスリング選手権大会!】

【第6回オールジャパンカップ アームレスリング選手権大会&
         第23回オール栃木アームレスリング選手権大会!】

 と き:2012年11月4日(日)
 ところ:コンセーレ


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

今年もまた全国各地の『つわもの』達が勢揃いし、文字通り手に汗握る熱戦が繰り広げられています!宇都宮は、年2回も全国規模の大会が開催されるアームレスリング界の言わば『メッカ』とも言えます。私もオール栃木連盟の副会長(今回は大会副会長も)として、瞬間劇場のドキドキを楽しんでいます。腕自慢の方、観戦してみたい方、スポンサーとなっていただける方、どうぞご遠慮なくお申し付けください。
オールジャパンアームレスリング連盟【公式サイト】http://www.ajaf.jp/

第6回オールジャパンカップカームレスリング選手権大会&第23回オール栃木アームレスリング選手権大会①

第6回オールジャパンカップカームレスリング選手権大会&第23回オール栃木アームレスリング選手権大会②

第6回オールジャパンカップカームレスリング選手権大会&第23回オール栃木アームレスリング選手権大会③

【オレンジリボン運動~子ども虐待防止~全国一斉配布月刊です!】

【オレンジリボン運動~子ども虐待防止~
                     全国一斉配布月刊です!】

 と き:2012年11月3日(土)
 ところ:栃木県庁


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

昨夜から栃木県庁の南側窓に、巨大なオレンジリボンが掲げられています。今日の日中行われた<とちぎ元気グルメまつり>でも、ご来場の皆様に大いにアピールできたことでしょう。
2004年に本県小山市で起きた悲しい事件の後も、子どもを虐待し、時に死に至らしめてしまう同様の事件がなくなりません…
本県から始まった、この運動。ぜひ社会全体で子どもへの虐待を撲滅できるように、皆様のご協力をお願いします!
私も6年前から熱心に運動に関わる方に勧められ、スーツの胸にリボンを付け続けています。

【オレンジリボン運動公式サイト】
http://www.orangeribbon.jp/about/orange/

オレンジリボン運動①

オレンジリボン運動②
プロフィール

斉藤たかあき 栃木県議会議員

Author:斉藤たかあき 栃木県議会議員
45歳、いつも身近な行動派!
行動します!新たな躍進へ !!
栃木県に活力と希望を (•̀ᴗ•́)و ̑̑
性格は “ 有言実行 ” タイプ!
心身ともにタフ そして 大胆 !? でも、意外に繊細 !? かな…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR