【<2013(平成25)年度 栃木当初予算および政策推進に関する要望申し入れ>を行いました!】

【<2013(平成25)年度 栃木県当初予算および
    政策推進に関する要望申入れ>を行いました!】


 と き:2013年1月24日(木)
 ところ:栃木県庁


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

本日1月24日(木)午前中、私たち<民主党・無所属クラブ>と<民主党栃木県総支部連合会>は、栃木県庁特別会議室において福田知事に対し、表記の申入れとその内容について記者発表を行いました。毎年度当初予算案と9月補正予算案の編成前に、それぞれの会派と政党県域組織ごとに行われます。今回の要望は、27項目です。内容については、添付画像の通りです。以下、タイトルのみ羅列します。なお、執行部からの回答は、2月6日(水)の予定です。

<各部局に対する要望事項>
1.総合スポーツゾーンの全体構想について
2.財政の健全化について
3.地方交付税の確保による財源確保について
4.新しい公共支援事業について
5.福島第一原子力発電所事故に起因する放射性物質による汚染等の被害対策について
(1)高濃度放射性物質の一時保管場所の確保と指定廃棄物最終処分場の設置について
(2)「除染実施計画」に基づく放射線量低減対策特別緊急事業の見直しについて
6.「防災に関する条例」の制定について
7.県内消防救急無線のデジタル化に向けた共同整備について
8.未来につなぐ環境戦略の促進について
9.EV・PHVタウン構想について
10.中山間地域対策と野生鳥獣害対策について
11.森林・林業・木材産業政策の更なる充実について
12.「回復期のリハビリ専門病院」の整備拡充について
13.「介護老人保健施設」の整備拡充とリハビリ「専門スタッフ」の確保・育成について
14.薬物乱用防止対策について
15.県制度融資の利用促進および企業立地戦略の充実について
16.既存企業の撤退(事業規模縮小)をさせないための定着促進策について
17.「フードバレーとちぎ」の推進について
18.観光政策の推進について
(1)誘客のための情報発信の強化
(2)観光ニーズへの対応強化
(3)受入体制の整備・強化
(4)地域ブランド力強化
(5)観光イベントやキャンペーンの実施
19.青年技能者技能競技大会(技能五輪全国大会)及び全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)の招致について
20.原発事故の風評被害に負けない本県農業の確立について
21.新規就農者の確保ならびに育成対策について
22.食肉流通対策と畜産振興について
23.社会資本整備と防災・減殺対策について
24.いじめ対策について
25.体罰問題への対応・対策について
26.学校指導力強化対策事業について
27.交通事故抑止対策について

関連サイト↓
民主党栃木県連HP【Pick up】※ 内容がUPされています!
http://www17.ocn.ne.jp/~minsyu/news.html#news20130124

※画像は左から、加藤正一県議(政調会長)、私・斉藤(幹事長)、佐藤栄県議(代表)、福田富一知事。松井正一県議は、インフルエンザ罹患のため欠席。

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ①

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ②

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ③

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ④

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ⑤

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ⑥

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ⑦

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ⑧

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ⑨

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ⑩

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ⑪

平成25年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望申入れ⑫
スポンサーサイト

【矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県総支部連合会 現地調査>!】

【矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地
      <民主党栃木県総支部連合会 現地調査>へ!】


 と き:2013年1月23日(水)
 ところ:矢板市塩田


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

【その1】
昨年9月に民主党政権下で環境省が提示した候補地・矢板市塩田の現地調査を行い、地元住民との意見交換を行いました。はじめに候補地に向かい、現地の状況を詳細わたりご説明いただきました。塩田ダム(農業用水)・寺山ダム(飲料用水)・湧水点等多くの水源に近接していること、関谷断層の活動記録から推定される活断層が極めて至近距離に存在すると思われること等々、地元住民の数々の懸念とその根拠を伺いました。逆に言えば、環境省が当地を選定した際にその理由としたと思われる点について、地元住民との見解の相違が浮き彫りに。
画像は、候補地と数年前に大雨の際に発生した「地滑り」の現場、そして環境省が選考にあたり昨年行った現地踏査・スクリーニングに関する資料です。(その2へ、つづく) (写真8枚)

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>①

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>②

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>③

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>④

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>⑤

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>⑥

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>⑦

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>⑧

【その2】
候補地の近隣にはかの有名な『尚仁沢湧水』をはじめ、南至近距離には画像の通り『風穴湧水』が。滾々と湧き溢れる水は、とても肌寒い今日でさえ幾分温かく感じられる。こうした高原山麓の自然の恵みともいえる伏流水から、矢板市内には数多くの湧水や地下水脈が存在するのであろう。
そうした多くの沢水が、先にも記載した「塩田ダム」「寺山ダム」にも集められる。この美しく豊かな自然と長く将来にもわたる住民の安心を守り抜く使命も、同時に私たちに課せられている。したがって、これらを担保することができなければ、今回の件を進展させることはできない。(その3へ、つづく) (写真6枚)

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>その2①

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>その2②

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>その2③

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>その2④

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>その2⑤

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>その2⑥

【その3】
現地調査を一通り終えて、塩田公民館へ。最後に、遠藤忠 矢板市長・守田浩樹 矢板市議会議長も交え、地元反対同盟の方々と意見交換を行う。当方からは、谷博之 参議院議員(民主党栃木県連 代表)・福田昭夫 衆議院議員・田城郁 参議院議員・隅内正美 上三川町議会議長・大貫毅 鹿沼市議・中村久信 矢板市議会副議長、そして私。
現行の「放射性物質汚染対処特別措置法」では、汚染物質の排出元自治体(県)において、最終処分を行うことになっている。東日本大震災が発災した直後、一昨年=2011年8月に、民主党・自民党・公明党等、一部の政党を除き、まさに国会で可決・決定された法律です。このことを前提とすればこそ、時の政権与党に属した私たち自治体議員の立場からは、当該地には大変つらい決定ではありますが、選定の過程に何らかの問題があるにせよ、県内の何処かには必要な機能であるだけに安易に「白紙撤回」とは言えない状況に置かれてきました。
しかし、今日参加していた各国会議員の話を伺う限り、今後は地元住民のご意見・ご要望に基づき、件の「特措法」見直しの前倒しや改正(場合によっては、廃止も?)を求めたいとの発言が大勢。しかしながら一方では、では現在でも行き場を失っている「放射性廃棄物」は何処へ行くのか?この最も重大な難問に道筋がつかなければ、何も先に進まないのも事実。
特に栃木県と茨城県では先行して候補地を提示された当該地として、国会の議
決という重大な決定を覆し、かつ新たな解決の糸口を見出せるような運動を展開できなければ、いわゆるパフォーマンスとしか受け止められまい。
早晩、本日の調査結果を基に、民主党栃木県連としても協議の上、何らかの見解を表明することになると思われます。いずれにしても重大な問題であるからこそ、将来にまで確実な責任を果たせる決断と行動が必要とされています。政治に求められる役割=理想と現実の調整を、今こそしっかりと果たさなければなりません。

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>その3①

矢板市塩田 放射性指定廃棄物・最終処分場建設候補地<民主党栃木県連 現地調査>その3②

関連サイト【民主党栃木県連HP<Pick up>】
http://www17.ocn.ne.jp/~minsyu/news.html#news20130123

【斉藤孝明<平成24年 栃木県議会 活動報告>!】

【斉藤孝明<平成24年 栃木県議会 活動報告>です!】

 と き:2013年1月22日(火)
 

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

【斉藤孝明<平成24年 栃木県議会 活動報告>です!】
昨年末、よもやの衆議院総選挙が行われたため、最終盤での活動報告が疎かになってしまいました…
栃木県議会のHPに、私が所属していた文教警察委員会・産業振興対策特別委員会のそれぞれの報告書がすでにUPされていますので、リンクをもって取り急ぎの報告とさせてくださいm(..)m

栃木県議会【<文教警察委員会>平成24年 報告書(特定テーマ:教育委員会=教員の資質と指導力の向上/警察本部=子どもの安全・安心の確保)】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/p01/assembly/iinkai/tokubetsuiinkai/documents/24bunkyouseisatsu.pdf

栃木県議会【<産業振興対策特別委員会>平成24年 報告書】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/p01/assembly/iinkai/tokubetsuiinkai/documents/24sangyoushinkou.pdf

斉藤孝明<平成24年 栃木県議会 活動報告>①

斉藤孝明<平成24年 栃木県議会 活動報告>②

【栃木県議会<県政経営委員会>開かれる!】

【栃木県議会<県政経営委員会>開かれる!】

 と き:2013年1月21日(月)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

1月21日(月)、私が今年から新たに担当になりました<県政経営委員会>が行われました。所管部局は、総合政策部・経営管理部・会計局・議会事務局・人事委員会事務局・監査委員事務局。昨年の会期末に、花塚隆志委員長(さくら市・塩谷郡)・中島宏副委員長(宇都宮市・上三川町)を互選。昨日は、委員席決定・各部局幹部との顔合わせ・年間活動計画の確認を行う。
そして、議事として『総合政策部』からの報告事項は<総合スポーツゾーン>について。今回は「基本理念」「基本方針」「整備方針(形態および配置/規模・機能/運営手法)」の説明がなされました。宇都宮市西川田地内の現在の<栃木県総合運動公園>+<元競馬場>+<元運転免許センター>のそれぞれを利活用し、新たなスポーツ施設としての集積・整備を図ろうとする施策です。今回の説明内容の主なものは、画像添付の通りです。特に「サッカー場」と「陸上競技場」は兼用新築で進めるのか?また、プール(『飛び込み』や『シンクロナイズドスイミング』)や野球場等の既存施設はどうするのか?今年度(平成24年度)と来年度(平成25年度)で、県内施設の現状と課題を踏まえ方向性を検討するとのことです。議会での議論の他、行政はもちろん有識者や競技団体も含めた「整備検討委員会」がすでに数回にわたり開催されていますが、残念ながら、なかなか全体的な具体像が把握しづらいビッグプロジェクトです。当然、莫大な予算を伴う事業となりますので、栃木SCのバックアップや来る2巡目の国体開催への対応、本県スポーツ競技力向上施策、近隣住民環境との調和等、山積する課題との整合を短時間の内にどこまで図れるか?同時に、県民への説明責任を十分に図りながらの極めて慎重な施策展開が今後も求められます。進捗が判明する都度、追ってご報告申し上げたく存じます。
次に、『経営管理部』からの報告事項は<県有財産の総合的な利活用関する指針>の取組状況について。同指針は平成22年度に策定され、第1段階として翌平成23年度~平成27年度の推進期間で、主に(1)未利用県有財産の売却・貸付、既存施設の共同利用・集約化等による最適化(2)耐震化・定期安全点検による保全・長寿命化(3)県有財産の基本・維持管理・保全情報の共有化による「見える化」(4)「県有財産総合利活用推進会議」の設置・運営等による推進体制整備が、それぞれ展開されています。具体的には、平成23年3月現在で約6,300棟=延べ床面積で約270万平米。築30年以上が約4割、10年後には6割を超える。したがって、耐震性等の安全性確保が急務であり老朽化による維持・修繕・更新費が今後急速に増大すると見込まれるため、継続的な計画に基づきつつ迅速な対策が求められる課題です。引き続き、注意深く推移を見守りながら、将来負担の最少化を模索し続けなければなりません。これも進捗の都度、ご報告したいと思います。

栃木県議会【<県政経営委員会>平成24年 報告書】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/p01/assembly/iinkai/tokubetsuiinkai/documents/24kenseikeiei.pdf
栃木県議会【<県政経営委員会>平成25年 メンバー】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/p01/assembly/iinkai/iinkai/2010kensei.html

栃木県議会<県政経営委員会>①

栃木県議会<県政経営委員会>②

【<宇都宮市太極拳交流大会>開催中!】

【<宇都宮市太極拳交流大会>開催中!】

 と き:2013年1月20日(日)
 ところ:宇都宮市立南図書館 サザンクロスホール


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

【<宇都宮市太極拳交流大会>開催中
実は私、宇都宮市太極拳協会の会長を仰せつかっております。本日は、宇都宮市内の各教室に所属する愛好家・約300名が一堂に集い、平成24年度の練習の成果を披露しています。
栃木県での全国規模のスポーツ祭典としては、一昨年は<すぽレク祭>が開催され、そして来年には<ねんりんピック>が盛大に行われる予定です。
年齢・性別等を比較的問わない太極拳はジワジワと競技機会・人口を増やしつつあります。6年後?に予定される茨城国体からは、公開競技としての採用も決定したとも伺いました。高山守夫・恵靖子 同協会理事長夫妻をはじめ、多くの役員・指導者・関係各位のこれまでの競技普及・協会発展へのご尽力に改めて敬意を表しますとともに、健康維持・増進や国際交流の側面からも今後益々のご活躍を心からご期待申し上げます。
本日は、午後4時頃まで開催されていますので、ご興味・ご関心のある方は是非ご覧になってみてください!
【宇都宮市太極拳協会】宇都宮市五代1―1―5 TEL:028―653―8185

宇都宮市太極拳交流大会

【栃木県 平成25年度 当初予算編成に伴うヒアリング その1】

【栃木県 平成25年度 当初予算編成に伴うヒアリング その1】

 と き:2013年1月17日(木)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

本日1月17日と明日18日、政策分野ごとの部局別に、主要事業についての要求を聴取します。去る15日、知事査定等による政策的判断を要しない経費については、すでに歳出総額5,469億44百万円(対前年度比 +2.0%)が財政課長より内示され、報道発表もされています。
私たち会派・政党は、2日間のヒアリングの後、それぞれが知事・執行部への独自の「予算化・政策要望」を行い、これらを経て2月8日に年度当初予算案が発表されることになります。そして2月16日から始まる<第317回 通常会議>において、この予算案に対しての審議が行われます。
今日のコマは、県民生活部・総合政策部・農政部・県土整備部・環境森林部・経営管理部・教育委員会です。明日は、警察本部・企業局・産業労働観光部・保健福祉部の予定。
※ 画像は、事前調査に余念がない同僚の加藤正一県議(足利市選出)

栃木県平成25年度当初予算編成に伴うヒアリングその1



【栃木県議会 平成25年<定例会>開催】

【栃木県議会 平成25年<定例会>開催される!】

 と き:2013年1月16日(水)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

本日1月16日、まず今回、私がメンバーの1人となりました議会運営委員会(通算3回目)が行われ、その後、本会議<第316回 招集会議>にて定例会の会期を決定。なんと12月18日までの「337日」間を会期とする、いわゆる『通年議会』が開会しました。都道府県では全国初となった『通年議会』導入初年の昨年は、4月から12月までの9ヶ月間、言わば暫定!?変則!?導入でした。それまで知事のみが有していた議会招集権を、この通年会期設定によって、事実上議会(議長)の自主性により、緊急事態等にも本会議等を開催し機動的な対応を可能としたことをはじめ、同時に政策分野ごとの(常任)委員会活動でも、執行部提案の議案審査の他、委員会独自の「特定テーマ」をそれぞれが掲げ、参考人招致なども大いに活用した上で、その調査・研究を通じ議員間の議論を深め、執行部に対し有効な政策提言を果たしていくことが、改革の大きな目的でした。現在では地方自治法の改正により、年末年始をまたぐ会期設定、つまり例えば4月から3月までを1会期とする年度準拠による設定も可能となったようですので、もしかすると今年3月時点で一度会期を区切り、改めて4月から来年3月までを新たな会期として仕切り直しをすることになるのかもしれません。会期変更のためには条例改正が必要となりますので、2月19日から始まる<第317回 通常会議>までには、一定の方向性が示されるものと思われます。
明日から会派<民主党・無所属クラブ>として「平成25年度当初予算編成」に伴う部局別のヒアリングを行います。そして、その結果をベースに24日には、知事をはじめとする執行部に対し、民主党栃木県総支部連合会との連名により「政策・予算化要望」を行い、その後は記者発表も予定しています。
なお、私事ですが<第317回 通常会議>いわゆる予算議会では、2月21日(木)に本会議での会派代表質問(13:35~14:45 予定)を行うことになると思われますので、予めお知らせ申し上げておきます。

栃木県議会平成25年<定例会>

【連合栃木 宇河地域協議会<2013新春賀詞交歓会>!】

【連合栃木 宇河地域協議会
      2013<新春賀詞交歓会>に参加してます!】


 と き:2013年1月15日(火)
 ところ:ホテルニューイタヤ
 

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

日頃から大変お世話になっている皆さんと、恒例の新春顔合わせ。新たな目標をそれぞれが胸に秘め、参加者全員でガッチリとスクラムを組んで、時代の荒波を乗り越えて行くことを確かめ合う!そんな有意義な時間にしたいと思います。※画像は、青木義明 連合栃木会長。そして、今夏改選を迎える谷博之 参院議員(民主党栃木県総支部連合会 代表)

連合栃木宇河地協2013新春賀詞交歓会①青木会長

連合栃木宇河地協2013新春賀詞交歓会②谷議員

【元日に思う!】

【元日に思う!】

 と き:2013年1月1日(火)
  

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

すっかりご無沙汰してしまいました…m(__)m 公職選挙法やらなんやら、ハッキリしないルールには困ったものです…(--)ξ
昨年は試練の幕引き→年の瀬でしたので、今年は新しい挑戦の年とするため、全力を尽くしてまいります!
ちょっと日付は戻ってしまいますけど、元旦の凛とした日光連山を望み、ひときわ気合いが入りました。

元日に思う
プロフィール

斉藤たかあき 栃木県議会議員

Author:斉藤たかあき 栃木県議会議員
45歳、いつも身近な行動派!
行動します!新たな躍進へ !!
栃木県に活力と希望を (•̀ᴗ•́)و ̑̑
性格は “ 有言実行 ” タイプ!
心身ともにタフ そして 大胆 !? でも、意外に繊細 !? かな…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR