【斉藤たかあき後援会<春のつどい>開催のお知らせ!】

【斉藤たかあき後援会<春のつどい>開催のお知らせ!】

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

◆日時 2013年3月9日(土)午後6時~
◆場所 ホテルニューイタヤ
      (宇都宮市大通り2-4-6 TEL:028-635-5511)
◆会費 5,000円

☆多くのご参加を、お待ちしています!
☆お知り合い・ご友人の方を、ぜひともお誘いください!
※準備の都合上、ご出席の方はお手数でも お申し込みの旨を、担当スタッフか、または、大変お手数をお掛けしますが、下記までご連絡いただけますようお願いいたします。

【斉藤たかあき後援会】
TEL⇒ 028-623-5611 FAX⇒ 028-623-5617
e-mail⇒info@taka-saito.jp
※FAX・e-mail をご利用の方 は、下記ご参加お申し込み書に必要事項をご記入の上、切り取らずにそのまま下記番号宛て送信してください。
<お申し込みフォーム>http://taka-saito.jp/20130309.pdf
【斉藤たかあきHP】http://taka-saito.jp/

 時下、皆様方におかれましては益々ご健勝にてお過ごしのことと、心よりお慶び申し上げます。また、斉藤県議ならびに当後援会の諸活動に対する日頃の心温まるご支援ご協力に、衷心より感謝申し上げます。
 さて昨年は、衆議院解散・総選挙と国政では深刻な状況が続いた1年でした。一方で、こうした中にあっても地方議員である斉藤県議には、国政とはまた違った切り口で“地域主権”の実現に向けて、着実に邁進していただきたいと私たちは願ってやみません。苦境・逆境に立たされてこそ、その存在意義や真価が問われる時だと思います。
 そこで、私たち後援会は、栃木県政のさらなる発展と生活環境の向上のためにも、これからも斉藤県議の活動を大いに盛り上げ、新たな支援の輪をより強固なものにしてまいりたく、下記の通り、懇親パーティーとして恒例の斉藤たかあき後援会【春のつどい】を開催することといたしました。
 つきましては、何かとご多用の折りとは存じますがご都合の許す限り、ぜひともご参加ご協力賜りますよう心よりお願い申し上げ、お知らせといたします。                        斉藤たかあき後援会 会長 渡辺武夫

斉藤たかあき後援会<春のつどい2013>開催のお知らせ!
スポンサーサイト

【平成25年 栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会】

【平成25年 栃木県議会定例会<第317回 通常会議>
                  常任委員会 開催される!】


 と き:2013年2月27日(木)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

今通常会議、昨日までに本会議での質問戦が終わり本日2月27日(水)は、平成24年度2月補正予算関連調査依頼議案の常任委員会ごとの審査と、報告事項の聴取・質疑。
私の1月からの任務は、総合政策部・経営管理部・会計局・議会事務局・人事委員会等を担当する<県政経営委員会>。本日の委員会では、主に1ヶ年度を通じての予算の執行残を減額補正するものがほとんど。特に以下の総合政策部地域振興課所管事業について、市町村との“連携・支援のあり方”や“使い勝手”への質疑が複数あり。地域らしさ・独自性を応援する、極めて大切な意味を持つ事業であるだけに、多額の執行残=低調な執行率からは、慎重かつ早急な事業の見直しが求められる。

・「里の“守”サポート事業費」(補正前)3,260万円 ⇒(補正額)▲2,500万円 ⇒(補正後)760万円
 → 中山間地域等の高齢化が進む集落における地域コミュニティの維持・再生に向けた市町村の取組に対する支援に要する経費。
(解説)事業期間 平成23~27年度 1.里の“守”未来プラン策定事業費150万円(補助率10/10、上限30万円/集落)2.里の“守”未来プラン実践活動モデル事業費1,329.4万円(補助率2/3、上限200万円/集落)3.里の“守”支援員モデル設置事業費1,800万円 4.情報発信等事業費12.2万円

・「わがまち協働推進事業費」(補正前)1億円 ⇒(補正額)▲6,100万円 ⇒(補正後)3,900万円
 → 住民自らが主体となって取り組むまちづくり活動等に対する助成。
(解説)事業期間 平成23~27年度 1.住民協働事業(補助率 ソフト1/2、ハード4/10)2.広域連携事業(ソフト1/2)

その他、報告事項の主なものとして、経済企業委員会では去る2月3日に発生した「宇都宮市大谷町地内における陥没事故」が、農林環境委員会では一昨日2月25日発生の地震による「日光市川俣温泉郷周辺の林道災害状況」と、「(放射性物質汚染)指定廃棄物の最終処分場選定経緯の検証と今後の方針について」等が。参考まで関連資料を画像添付しますので、ご覧いただければと思います。

栃木県公式HP【平成24年度2月補正予算について(平成25年2月8日)】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/b01/pref/zaiseijinji/yosan/201302082gatsuhosei.html
栃木県公式HP【県政情報 ⇒ 財政・人事】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/kensei/zaisei/index.html

斉藤たかあき【活動ブログ】http://takasaito.blog41.fc2.com/

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催1

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催2

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催3

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催4

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催5

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催6

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催7

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催8

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催9

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催10

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催11

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催12

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催13

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催14

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催15

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催16

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催17

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催18

20130227栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催19

20130227栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催20

栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催21


栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催22


栃木県議会定例会<第317回通常会議>常任委員会開催23

【平成25年 栃木県議会定例会<第317回通常会議>代表質問に登壇】

【平成25年 栃木県議会定例会<第317回 通常会議>
                   代表質問に登壇しました!】


 と き:2013年2月21日(木)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあき です!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

本日2月21日(木)、前の投稿でお知らせした<代表質問>を終えました。相変わらずの時間配分下手ぶりは、見事に健在…(- -;) どれもこれも、踏み込みが足りない…(- -)ξ 先輩や同僚と、今後の対応について協議します。今後は、本会議での一般質問の後、予算特別委員会・常任委員会へと舞台は移ります。傍聴に駆けつけていただいたみなさん、いつも本当にありがとうございますm(. .)m なお、録画は下記サイトでご覧いただけます。

栃木県議会【インターネット中継(ライブ・録画)】
http://www.discussvision.net/tochigiken/index.html

【質問要旨】
1.平成25年度当初予算および平成24年度2月補正予算と今後の財政運営について
2.総合スポーツゾーンの整備について
3.公共交通政策について
4.栃木の魅力アップにつながる取組について
 ①「スカイベリー」のブランド戦略について
 ②今後の観光施策の展開について
 ③総合的なブランド戦略と情報戦略について
5.いじめへの対応について
6.大谷地域の安全対策と今後の対応について
7.技能五輪全国大会、全国アビリンピックの誘致について

【栃木県公式HP】http://www.pref.tochigi.lg.jp/
【栃木県議会HP】http://www.pref.tochigi.lg.jp/p01/kengikai/index.html

平成25年栃木県議会定例会<第317回通常会議>代表質問登壇

【平成25年 栃木県議会定例会<第317回 通常会議>始まる!】

【平成25年 栃木県議会定例会<第317回 通常会議>始まる!】

 と き:2013年2月19日(火)
 ところ:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

私、斉藤孝明は【2月21日(木)午後1時35分より70分間・代表質問(民主党・無所属クラブ)】に登壇します!「とちぎテレビ」「栃木放送」で生中継される他、下記サイトでもご覧いただけます。議事堂での傍聴もOKです。

栃木県議会【インターネット中継(ライブ・録画)】
http://www.discussvision.net/tochigiken/index.html

【質問要旨】
1.平成25年度当初予算および平成24年度2月補正予算と今後の財政運営について
2.総合スポーツゾーンの整備について
3.公共交通政策について
4.栃木の魅力アップにつながる取組について
 ①「スカイベリー」のブランド戦略について
 ②今後の観光施策の展開について
 ③総合的なブランド戦略と情報戦略について
5.いじめへの対応について
6.大谷地域の安全対策と今後の対応について
7.技能五輪全国大会、全国アビリンピックの誘致について

本日2月19日(火)より3月29日(金)まで<第317回 通常会議>が開議。平成25年度栃木県一般会計(当初)予算案・平成24年度栃木県一般会計補正予算(第6号)案・日切れ法案に対応する条例改正案等々、合計78議案の審議が行われます。加えて、本日の本会議では福田知事より議案上程・趣旨説明の後、議員発議での議案7件を採決。昨年から導入した全国初の「通年議会」が、現在の設定が1月開会から2月閉会となっているものを、地方自治法が改正されたことを受け4月開会~3月閉会と「年度」に合わせられるようになったことから、これに関わる会期設定条例の制定、委員会条例・会議規則・政務調査費交付条例・資産公開条例・議員報酬特例条例6本の各一部改正の議決と、さらに過日の北朝鮮核実験実施に抗議する意見書が採択されました。
本日は本会議終了後、部局別の議案調査初日。明日も議案調査が続き、その後、本会議での質問戦。続いて、予算特別委員会⇒常任委員会⇒予特⇒本会議へと議論の舞台は移って行きます。厳しい地方自治体の財政状況や政権再交代による国政の政策転換等、取り巻く情勢も様々に変化する中、栃木県民益の最大化のための議論が交わされます。詳細については、都度ご報告申し上げます。

栃木県公式HP【平成25年度当初予算について(平成25年2月8日)】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/b01/pref/zaiseijinji/yosan/20130208tousyohp.html
栃木県公式HP【平成24年度2月補正予算について(平成25年2月8日)】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/b01/pref/zaiseijinji/yosan/201302082gatsuhosei.html

平成25年 栃木県議会定例会<第317回通常会議>

【<スカイベリー>品種名:栃木i27号を試食!】

【<スカイベリー>品種名:栃木i27号を試食!】

 と き:2013年2月17日(日)
 

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

栃木県が誇るいちご人気品種<とちおとめ>の後継種。やたらと大きい<スカイベリー>です。とても甘くて、ジュ~シ~!「いちご王国とちぎ」のエースとしての、奮闘が期待されます。昨年12月より試験的出荷が始まりました。来年12月予定の本格販売までに、その魅力がマックスに引き出されることでしょう。みなさんも、ぜひご賞味ください!
今日は、日頃から大変お世話になっている福田屋百貨店の店頭に並んでいたものをゲット。<とちおとめ>や<あまおう>等の他品種と、食べ比べるために「大人買い」(笑) この結果を、来週21日(木)に私が登壇予定の栃木県議会<代表質問>に活かします。(とちぎTV&栃木放送で生中継されます!私の登壇は、13:35~14:45です。)

スカイベリー①

スカイベリー②

スカイベリー③

【参議院議員 谷ひろゆき後援会総連合会<事務所開き>!】

【参議院議員 谷ひろゆき後援会総連合会<事務所開き>!】

 と き:2013年2月16日(土)
 ところ:谷ひろゆき後援会総連合会事務所
     住所:宇都宮市鶴田町1354―1(鹿沼インター通り 吉野家さん東)


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

夏の陣に向けて、早くも谷参議院議員の後援会事務所がオープンしました。昨年末の衆議院総選挙大敗後の、大変重要な局面。
谷議員本人の訴えから私が解釈したことは、これから日本が目指すべき社会として「『勝ち組』に対しての『負け組』という表現がまかり通るような方向性への懸念」や「国民的議論を十分に経ないままどんどん右傾化していくかのような首相自身の最近の発言への懸念」が…「かつて経済政策が、行き過ぎた規制緩和等からも過度の競争原理万能主義的な結末をもたらしてしまった。そこに回帰してはならない!」と。谷議員は、例えば障がい者や難病患者対策等の福祉分野、さらには環境分野等に特にこれまで熱心に取り組んできたことからも「誰もが助け合い、支え合う、あたたかい『共生』の社会を目指すべきだ!」と。
ということで、これから夏に向けて約5ヶ月にわたる長期戦のスタートです。

谷ひろゆき後援会<事務所開き>①

谷ひろゆき後援会<事務所開き>②

谷ひろゆき後援会<事務所開き>③

【<2013(平成25)年度 栃木県当初予算および政策推進に関する要望書>に対する回答】

【<2013(平成25)年度 栃木県当初予算および
 政策推進に関する要望書>に対する回答をいただきました!】


 と き:2013年2月6日(水)
 ところ:栃木県庁


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

昨日2月6日(水)午前中、私たち<民主党・無所属クラブ>と<民主党栃木県総支部連合会>の表記の申入れ(1月24日(木)実施・投稿済)に対し、福田知事より回答がありました。内容については、画像もしくは関連サイトをご参照ください。

関連サイト↓
民主党栃木県連HP【Pick up】※ 内容がUPされています!
http://www17.ocn.ne.jp/~minsyu/news.html#news20130124

なお、予算総額は7,692億円程度。対前年度比▲134億円程度。震災復興分、商工制度融資の減などにより、2年ぶりの減。2013(平成25)年度末の県債残高は1兆1,000億円を超える見込み。臨時財政対策債を除く残高は、引き続き減少し6,575億円程度。
また、回答を受けて記者発表を行いました。以下に、まずは項目を羅列しますので、ご参照ください。

※ 2013(平成25)年度当初予算ならびに2012(平成24)年度2月補正予算の審議を主に行う2月通常会議は2月19日(火)より開議。執行部への会派ごとの【代表質問】は、2月21日(木)に行われます。特に今回<民主党・無所属クラブ>からは、私が担当いたします。午後1時35分から70分間の予定です。よろしくお願いします。

<各部局に対する要望事項>
1.総合スポーツゾーンの全体構想について
2.財政の健全化について
3.地方交付税の確保による財源確保について
4.新しい公共支援事業について
5.福島第一原子力発電所事故に起因する放射性物質による汚染等の被害対策について
(1)高濃度放射性物質の一時保管場所の確保と指定廃棄物最終処分場の設置について
(2)「除染実施計画」に基づく放射線量低減対策特別緊急事業の見直しについて
6.「防災に関する条例」の制定について
7.県内消防救急無線のデジタル化に向けた共同整備について
8.未来につなぐ環境戦略の促進について
9.EV・PHVタウン構想について
10.中山間地域対策と野生鳥獣害対策について
11.森林・林業・木材産業政策の更なる充実について
12.「回復期のリハビリ専門病院」の整備拡充について
13.「介護老人保健施設」の整備拡充とリハビリ「専門スタッフ」の確保・育成について
14.薬物乱用防止対策について
15.県制度融資の利用促進および企業立地戦略の充実について
16.既存企業の撤退(事業規模縮小)をさせないための定着促進策について
17.「フードバレーとちぎ」の推進について
18.観光政策の推進について
(1)誘客のための情報発信の強化
(2)観光ニーズへの対応強化
(3)受入体制の整備・強化
(4)地域ブランド力強化
(5)観光イベントやキャンペーンの実施
19.青年技能者技能競技大会(技能五輪全国大会)及び全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)の招致について
20.原発事故の風評被害に負けない本県農業の確立について
21.新規就農者の確保ならびに育成対策について
22.食肉流通対策と畜産振興について
23.社会資本整備と防災・減殺対策について
24.いじめ対策について
25.体罰問題への対応・対策について
26.学校指導力強化対策事業について
27.交通事故抑止対策について

※画像は左から、松井正一県議(副幹事長)、私・斉藤(幹事長)、佐藤栄県議(代表)、加藤正一県議(政調会長)。
栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答①

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答②

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答③

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答④

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑤

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑥

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑦

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑧

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑨

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑩

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑪

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑫

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑬

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑭

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑮

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑯

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑰

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑱

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑲

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答⑳

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答21

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答22

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答23

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答24

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答25

栃木県当初予算および行政推進に関する要望書に対する回答26

【宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>について】

【宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>について】

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

昨日、下野新聞の記事をシェアしましたが、私の記憶違いで、私自身が現地調査に赴いたのは昨年2012年3月21日でした。今回の予兆とも考えられる当時の画像記録が残っていましたので、参考資料としてアップしておきます。こうした状況を見ていながら、今回人命にかかわるような最悪の事態にこそ至らなかったものの、これまで具体的・効果的な対策が講じられなかったことが悔やまれてなりません。また私自身、2009年度には栃木県議会<出資法人あり方検討会(委員長:板橋一好県議)>のメンバーとして【財団法人 大谷地域整備公社】についても含め、執行部への提言に関わらせていただいた経緯もあります。今後の被害を最小限に抑制するためにも、行政の垣根を乗り越えるのは勿論のこと地元住民・地権者も含め「その場しのぎ」ではない本格的な対策を、今こそ急がねばなりません。

<昨日2月4日(月)の投稿>
実は昨年2月、地元住民の方に依頼され、単身現地調査に赴きました… 東日本大震災後、新たな大規模陥没こそ見受けられなかったものの、数々の地割れや崖崩れと思われる形跡… 日々じわじわと新たな地層(周辺と比較しても表面が乾いておらず、剥き出しになったばかりのせいか水分による変色が見て取れる…)が露わになったり、立木が根元から広範囲に倒壊しつつある様を、土地をよく知り尽くした地元の方にご案内をいただきながら山林深くに分け入り、つぶさに見せつけられました。(google mapの航空写真モード等でも所々に陥没らしき陰影が容易に見て取れます。)その地下には、かつての坑道があり、縦横無尽に空間が張り巡らされているのだろう…と実感。近隣の住民もその都度、鈍い振動・轟音を感じるものの、地震速報等は発信されていないことから、この土地独自の異変を予感していたとのこと。栃木県も宇都宮市も、抜本的な解決策は示し切れていない現状… 私有地であるが故ということに最大のハードルがあるようですが、住民の安全・安心を確保するためには、具体的な対応・対策が急務であることは間違いないはず。

栃木県議会HP【平成21年度 県出資法人あり方検討会<報告書>】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/p01/assembly/iinkai/kentoukai/documents/1271125690518.pdf

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>①

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>②

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>③

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>④

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>⑤

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>⑥

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>⑦

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>⑧

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>⑨

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>⑩

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>⑪

宇都宮市<大谷地区 地盤陥没>⑫


【谷ひろゆき参議院議員<合同新年会>!】

【谷ひろゆき参議院議員<合同新年会>に参加しました!】

 と き:2013年2月8日(金)
 ところ:ホテルニューイタヤ


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

今年も400名に迫ろうとする多くの支持者に囲まれて、盛大な新年会が開催されました。特に後援会のみなさんのパワーには、いつも圧倒されます!谷さんが改選を迎える今夏の参院選、栃木県選挙区は全国に31ある1人区のひとつ。つまり政権下野後も低支持率に陥っている民主党の窮状がなかったとしても、超激戦を強いられる選挙区… 谷さんは、政党職員→代議士秘書から宇都宮市議→栃木県議→参議院議員へと、まさに一歩一歩『その道』を地道に歩んできた『誠実な静かな闘士』。特に、福祉・環境分野のスペシャリスト。そんな谷さんだから、3選が果たせるよう多くのみなさんが燃えています。
※ 画像は左から、森田一穂 谷後援会総連合会長(元連合栃木会長)→あけみ夫人→谷参院議員。

谷ひろゆき参議院議員<合同新年会>

【宇都宮市PTA連合会Eブロック<研修会>!】

【宇都宮市PTA連合会Eブロック<研修会>に参加しました!】

 と き:2013年2月8日(金)
 ところ:宇都宮美術館 講義室


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

午前中、丸山隆先生(栃木県教育研究所相談部長・臨床心理士)の『いじめの早期発見とその対応』を拝聴。昨年のいわゆる「大津事件」後の栃木県教育委員会による対策として、主に学校・教員への「対応マニュアル」の改訂等が行われたが、丸山先生の講話は「保護者」こそ『自らの子ども=かけがえのない命』を守る最強の砦として、子どもの変兆・異変(被害者側・加害者側ともに)を見逃さずに察知し、最大限の愛情を注いで欲しい!との大変説得力のある内容。お芝居をされている!?ということもあって、実にユーモアあふれる“語り”や“ジェスチャー”を交えながら、これまでの教員生活等を通じた現場での経験に裏付けられたと思われる、独自の理論を非常に分かりやすく展開していただいた。特に感じたのは、事件・事案が発生すると批判の矛先は学校・教員そして時に教育委員会・行政に向けられがちであるが、「保護者=両親」こそ、子どもからすれば唯一の存在として、子どもをを愛し、信じ、守ること重要性について、もう一度、問い直し、認識すべき!であると。
最近、宇都宮市でも教員による児童へのいじめと思われる事案や体罰事案等、残念ながら話題に事欠かない。今年度の宇都宮市P連での私の担当は、昨年度に引き続き、不良委員ではありますが「教育課題委員会」でした。いつも真剣な同委員のみなさんの情熱によって、すでに新聞数社にも掲載されましたが、丸山先生の持論同様の危機感から、PTAによる「いじめ」対策のリーフレットが作成・配布されたことは、まさにタイムリーな対応だったとの思いを強くする。したがって、今後は、学校・教員と保護者がいかに連携し、地域や社会全体を巻き込んで「いじめ」を許さない環境を一刻も早くつくりあげることができるか?議会に携わる1人としても、具体的・効果的な対策が一刻も早く、一つでも多く実行されるよう取り組む必要性を改めて痛感させられた、そんな有意義な講演でした。丸山先生、ありがとうございました。教育課題委員会のみなさん、今後とも宜しくお願いします。
※ Eブロック=旧河内町・旧上河内町・豊郷地区[豊郷南小を除く]に所在する計17の小中学校。

宇都宮市PTA連合会Eブロック<研修会>

【今泉 八坂神社<節分祭>!】

【今泉 八坂神社<節分祭>に参加してます!】

 と き:2013年2月3日(日)
 ところ:今泉 八坂神社


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

今年、私は、なんと『本厄』… 毎年、八坂さんの追儺式・福撒式に参加させていただいているので、なんとか乗り切りたい!厳粛な空気感の中で、宮司の祝詞に身が引き締まる。今時では珍しくなった生の雅楽が、さらに独特の雰囲気を醸す。日曜日とあって、例年以上の人・人・人。ムキになりすぎている大人の方、子ども達が見てますよ!故き良き伝統、これからの世代にしっかり引き継いでいこうじゃありませんか。

八坂神社<節分祭>①

八坂神社<節分祭>②

八坂神社<節分祭>③

八坂神社<節分祭>④

八坂神社<節分祭>⑤

八坂神社<節分祭>⑥

八坂神社<節分祭>⑦

【民主党栃木県総支部連合会<海江田万里代表と党員・サポーターとの対話集会>!】

【民主党栃木県総支部連合会
 <海江田万里代表と党員・サポーターとの対話集会>開催される!】


 と き:2013年2月2日(土)
 ところ:ホテルニューイタヤ


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

衆議院総選挙での大敗後、代表に就任した海江田万里代議士。民主党の立て直しには、本部と 地方組織の連携・結束が不可欠とされる。東北被災県を除くと、当県連が新代表全国行脚のスタートに。特に今夏の参院選<栃木県選挙区>では、当県連の谷博之代表が現職として3期目を目指し、全国に31県ある1人区での改選に臨む重点選挙区。
役員・所属議員をはじめ参加者からは「新綱領策定の方向性・具体化」「社会保障と税の一体改革の行方」「無党派層へのアプローチ対策」「労働団体との連携強化」「自治体議員の増強」「官僚との間合い・距離感の適正化」「国会議員候補者の養成・教育と公認基準のあり方」「現政権党との政策差別化」「アベノミクスへの懸念と対抗策の必要性」等々、実に多岐にわたる意見・要望が噴出。
一度「機関決定」したことは、組織として当然『一枚岩』で忠実に守り、当然のこととして粛々と実行する… そんな当たり前と思われることをわざわざ敢えて要望しなければならない、なんとも情けない悲しい現実。
今日、海江田新代表からは『これから』に向けた建設的な発言を多々聞くことができたが、どれも現実的な具体化はこれから。再び政権担当可能な政党として復活を果たすためにも、新代表のみならず国会議員全員の『有言実行』と『チームプレー』を見せて欲しい。私達、自治体議員も地方や現場の生声を着実に政策反映できるよう、これまで以上の研鑽を重ねなければならない。臥薪嘗胆。

関連サイト↓
民主党栃木県連HP【Pick up】※ 海江田代表の行動の様子がUPされました!
http://www17.ocn.ne.jp/~minsyu/news.html#news20130202

民主党栃木県連<海江田代表と党員・サポーターとの対話集会>①

民主党栃木県連<海江田代表と党員・サポーターとの対話集会>②

民主党栃木県連<海江田代表と党員・サポーターとの対話集会>③
プロフィール

斉藤たかあき 栃木県議会議員

Author:斉藤たかあき 栃木県議会議員
45歳、いつも身近な行動派!
行動します!新たな躍進へ !!
栃木県に活力と希望を (•̀ᴗ•́)و ̑̑
性格は “ 有言実行 ” タイプ!
心身ともにタフ そして 大胆 !? でも、意外に繊細 !? かな…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR