FC2ブログ

【平成25年度 栃木県議会<県政経営委員会>が行われました!その1】

【平成25年度 栃木県議会
       <県政経営委員会>が行われました!その1】


 と き:2013年5月16日(木)
 場 所:栃木県庁


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

4月から担当となった常任委員会<県政経営委員会>2回目の会議。今回は、今年度の当委員会の特定テーマ「とちぎの発信力強化について」、午前中に本県の取組の現状等を総合政策部・経営管理部・県民生活部(広報課)から説明聴取し、午後には委員間討議を行いました。
「発信力」と密接に関連するのが「ブランド」戦略です。本県では、平成20年から県知事を本部長とする『とちぎブランド推進本部』のもと『とちぎブランド戦略庁内連絡会議』を設置し、インターネット等の各種メディアを活用した“とちぎブランド”の総合案内として、一元的な情報発信を行ってきました。との説明。詳細については添付した資料1に譲りますが、そこで私が指摘したのは“戦略”の定義です。“戦略”とは、実行としての“取組”を指すのか?“取組”以前に一元的な“構想”が練り上げられ、その“構想”に基づいて“取組”が行われることが“戦略”なのではないか?ならば、一元的に“構想”を練り上げる推進役は?概念的なことなので、資料に図式化することは困難なのかもしれません… しかしながら、推進体制の強化と各部局・課室の役割の明確化こそが、このテーマの入口に関わる大変重要な課題であると考えますので、あえて確認をしたかったのです。
資料2では、たとえば現在上映されている『県庁おもてなし課』は高知県での実例がモデルとなったわけですが、そこに登場するエピソードに類似した事業が本県にもあります。それは『とちぎ発信事業』。現在268名の方に委嘱している「とちぎ未来大使」に活用していただくPR名刺の印刷代82万円だそうです。何を、どうPRしていただくのか?予算額の規模は適正なのか?残念ながら明確な答弁を聞くことは出来ませんでした… これは一例ですが、このように関連予算は県全体に及ぶことから観光・特産品や農林産物まで、関連事業は多種多様で多岐に及びます。こと予算は特に、その事業効果・成果の継続的な検証とローリングが欠かせないと思われることから、そのサイクル化・システム化が最低限必要とされると考えます。したがって、このことからも今よりも具体的で実現可能な“戦略”が、この課題には不可欠だと言えるでしょう。
そして資料3では、「地域ブランド力調査」すなわち本県に対する厳しい客観評価のデータが示されています。どういうわけか、失礼ながら隣県の茨城・群馬とともに北関東3県には大変厳しい数字が示されています。3県にさらに福島・新潟の磐越を加えた5県連携はすでに取り組まれているそうですが、今後さらに緊密な連携を取りながら、この地域のウィークポイントをカバーし合い、むしろ逆手に取って反転攻勢に打って出るような“広域連携”の“奇策”も検討すべきでしょう。また、2月議会で私が担当した本会議での代表質問の折、知事答弁でも言及のあった県内各市町との連携の仕組みづくりも早急に模索すべきです。
そして資料4・5では、私が何度か本会議や予算特別委員会での質疑・質問で取り上げたことのある広報活動と庁内機構についての現状が解説されています。ここ数年を振り返っただけでも、メディア利用者の志向は日々刻々と変化しています。メールマガジンから、ツイッターやフェイスブックへの用途拡大。ホームページの位置付け等々、多種多様なニーズへの的確でスピーディーな対応は困難を極めますが、どの自治体にも共通した今や決して避けて通れない課題でしょう。また、当然対外的な発信力強化を目論む以上、非常に有効であると思われるテレビキー局への売込みの検討や、新聞各紙なら東京本社や本県関連のイベント開催地である現地支社・支局へのダイレクトな情報提供・協力依頼も積極的に行う余地があります。さらに苦情やご意見の受皿的な広聴にとどまらず、積極的に利用者のニーズを把握=マーケティングするような広聴機能も備え、その広聴と一体となった広報活動にバージョンアップさせるための方策も検討すべきと考えます。そうしたことも考慮すると、現在の広報課を中心とした諸活動や、庁内組織のあり方が適正なのかどうか?これから、どんな広聴広報を目指すのか?自ずと議論の対象を絞りながら、検討が進められると思います。たとえば、こうした戦略推進・実行の総合的な責任者として、民間のノウハウを有する、または精通する人材を『広報監』として位置付ける等も考えられるでしょう。長々と思いつくままに打ち込んでしまいましたが、これから当委員会で約半年ほどかけて調査を行い、同時に議論が交わされますので、また追い追いご報告ご説明をしたいと思います。

県政経営委員会(その1)①

県政経営委員会(その1)②

県政経営委員会(その1)③

県政経営委員会(その1)④

県政経営委員会(その1)⑤

県政経営委員会(その1)⑥

県政経営委員会(その1)⑦

県政経営委員会(その1)⑧

県政経営委員会(その1)⑨

県政経営委員会(その1)⑩

県政経営委員会(その1)⑪

県政経営委員会(その1)⑫

県政経営委員会(その1)⑬


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤たかあき【栃木県議会議員】宇都宮市・上三川町選挙区/4期目【国民民主党】栃木県総支部連合会 代表【連合栃木】議員懇談会 幹事長【UAゼンセン】栃木県支部 政治顧問

Author:斉藤たかあき【栃木県議会議員】宇都宮市・上三川町選挙区/4期目【国民民主党】栃木県総支部連合会 代表【連合栃木】議員懇談会 幹事長【UAゼンセン】栃木県支部 政治顧問
↓こちらからも、ぜひ ↓

斉藤たかあき公式サイト

↓ リアルタイムな発信は ↓

斉藤たかあき公式 Twitter

斉藤たかあき公式 Facebook

↓ こちら試行中… ↓
↓ でも、ぜひぜひ ↓

斉藤たかあき公式 Instagram

斉藤たかあき公式 YouTube

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

●性格は有言実行タイプ。自分では、即断即決タイプだと思っている。心身ともに、とにかくタフ!そして大胆!でも意外に繊細かも…!?
●家族は、妻と子供3人(2女1男)と父とワンコ①
●血液型は、AB型
●スポーツ歴は ↓
・器械体操(小)ソフトテニス(中・高)軟式野球(大)
・ゴルフは、お付き合い程度…
・最近1日およそ1万歩のウォーキング!⇒ 季節の移ろいなど自然観察が存分に楽しめるのでハマる…
●空(特に積乱雲)天体(特に流星群)動物・植物・昆虫等々、興味津々 ^^
●古墳・石碑・神社仏閣等の歴史由緒や鉄道跡・河川跡等を探るのが好き。
●ラーメン・そば・うどん等、麺類全般が好物 ^^ 酒は、平均以上(笑)

1972年2月23日
宇都宮市東塙田に生まれる。市立東小学校~同陽北中学校~県立宇都宮高等学校を経て、日本大学法学部政治経済学科卒業/秋山和宏ゼミ12期生(政治過程論)
1994年3月
衆議院議員やなせ進事務所に入所
1998年7月
参議院議員やなせ進公設秘書に就任(~2007年2月)
2005年10月
国会議員政策担当秘書の資格を取得
2007年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)6位 初当選
2011年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)当選/2期目
2015年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)当選/3期目
2019年4月
栃木県議会議員(宇都宮市・上三川町選挙区)当選/4期目

<現在の主な役職>
・栃木県武術太極拳連盟 会長
・宇都宮市太極拳協会 会長
・オール栃木アームレスリング連盟 会長
・栃木県ボディビル・フィットネス連盟 会長
・宇都宮テニス協会 会長
・宇都宮西部地区学童野球交流会 顧問

・赤帽栃木県軽自動車運送協同組合 顧問

・宇都宮市立田原中学校PTA 顧問
・宇都宮市立田原西小学校地域協議会 会長
・宇都宮市東地区体育協会 顧問

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR