FC2ブログ

【民主党栃木県連<栃木県森林組合連合会 鹿沼木材共販所>現地視察へ!】報告

民主党栃木県総支部連合会
【栃木県森林組合連合会 鹿沼木材共販所
                    <現地視察>へ!】


【 斉藤たかあき です!】

昨年12月19日(月)、栃木県森林組合連合会(県内11組合)から民主党栃木県連に、『放射性セシウムに汚染された樹皮の処理に関する緊急要請』が提出されました。

これを受け、今回1月17日(火)、同組合が運営する鹿沼木材共販所の現地視察を行いました。

民主党栃木県連[栃木県森林組合連合会 鹿沼木材共販所 視察]②

県内の山林から搬入されて来る材木の集積や選別の過程で生ずる樹皮(バーク)は、これまで堆肥用原料として有効に利用されてきましたが、福島第一原発事故により、昨年8月1日に国が、肥料等に含まれる放射性セシウムの暫定許容値(400Bq/kg)を設定しました。以来、現在までなお、堆肥製造業者が本県産バークの引き取りを拒否している状態が続いています。

民主党栃木県連[栃木県森林組合連合会 鹿沼木材共販所 視察]①

画像のように、所内にはバークの“ヤマ”が散在しています。上の画像では、人影が映り込んでいますので、高さが想像できる?かと思われます。もし、これ以上の高さにバークを積み上げてしまうと、バーク自体の‘重み’で、発酵したりして自然発火する恐れがあるため、1ヶ所に集積できる量には当然、限界があります。

現在まで、これらのバークの保管や処理方法について、国からは具体的な方針が何も示されていないため、同所の土場には大量のバークが滞留しています。こうした状況が今後も続いてしまうと、材木の受入はもちろん、ひいては、国内有数の生産量を誇る県産材の流通にも大きな支障を来たしかねません。

民主党栃木県連[栃木県森林組合連合会 鹿沼木材共販所 視察]③

こうした状況から、県森連から、本県の森林資源の循環利用をはじめ林業・木材産業の生産活動の持続のための緊急要請が提出されたわけです。概要は、以下の通り、3項目。

1.国による、保管・処分等の早急な指示
2.事業を継続するための緊急避難的な、国または県による、一時集積所の確保
3.保管・処分等に係る予算を、公費による負担か東電原子力損害賠償の対象とし、確保

昨年12月に行われた栃木県議会第309回定例会では『樹皮等処理緊急対策事業費』として5,491万円が(全額国の第2次補正予算予備費による国庫支出金)計上・議決され、一定の処理対策が講じられましたが、現在滞留するバーク総量の約40%の処理にしか相当しないそうです…ちなみに、県内には共販所が3ヶ所あり、滞留バークの総量は体積8,000㎥・重さ2,400t。また、産業廃棄物として処理するにしても莫大な費用が見込まれます。

民主党栃木県連[栃木県森林組合連合会 鹿沼木材共販所 視察]④

この日の視察には、民主党栃木県連役員として、谷ひろゆき法務大臣政務官(参議院議員)・福田あきお総務大臣政務官(衆議院議員)・たしろかおる参議院議員の3国会議員が参加しました。今回の要請を速やかに政府に訴え、具体的な対策が一刻も早く講じられるよう、働き掛けていくことを約束いたしました。

なお、自治体議員としては、一木弘司県議(真岡市選出)・松井正一県議(鹿沼市選出)・大貫タケシ鹿沼市議・鈴木隆守野木町議、そして私・斉藤が参加いたしました。国への要請は勿論のことですが、それぞれの自治体においても、今回の事案をはじめ、類似の事案への対処について、スピーディーに、そして、的確に対応していけるよう努めてまいりたいと思います。

<関連リンク>
↓ 民主党栃木県連【「鹿沼木材共販所」樹皮(バーク)の状況の現地視察】

http://www17.ocn.ne.jp/~minsyu/news.html#news120117
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤たかあき 栃木県議会議員/宇都宮市・上三川町選挙区/4期目

Author:斉藤たかあき 栃木県議会議員/宇都宮市・上三川町選挙区/4期目
47歳、いつも身近な行動派!
行動します!新たな躍進へ !!
もっと元気な栃木県に ( •̀ᴗ•́)و
性格は “ 有言実行 ” タイプ!
心身ともにタフ そして 大胆 !? でも、意外に繊細 !? かな…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR