【栃木県議会 民主市民クラブ<政務調査 活動>長野県へ!】

0 0
【栃木県議会 民主市民クラブ
         <政務調査 活動>長野県へ!】

 
 日  時:2020年1月31日(金)
 場  所:長野県議会

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookでの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

近年、頻発化・激甚化する風水害を振り返ってみると、まず河川氾濫等による浸水被害が鮮明に脳裏に蘇る… これまで現地調査も含め、多くの課題を抽出し、それぞれの解決に向けて政策立案・提言や関係機関への要望・要請活動に取り組んできた。そうした中で、特に河川の水源となる森林・林野の適正かつ計画的な整備に今後、如何に取り組むことができるのか?次世代が担う将来を展望しながら現在、いかなる取組が必要なのか?会派でも機会ある度に、議論を重ねてきた… 今回の調査は、そんな可能性の1つとして、栃木県には設置されていない林業大学校について長野県と群馬県の事例調査へ。

長野県林業大学校は全国に先駆け、1979(昭和54)年に開校。1学年の定数は20名X2年制のカリキュラム。県内外から学生を受け入れ、これまで700人以上の人材を輩出、その多くは県内林業の中核を担ってきた。2000(平成12)年には #専修学校 林業専門課程が設置され、4年制大学への編入の道も。即戦力に繋がる多彩な資格取得、経済的に設定された学費、親身で手厚い進路指導などが、就職や進学に有利な環境を確かなものとしている。今や、あらゆる業界・分野で課題となった人材不足の克服も視野に、様々なイベントや交流事業等も採り入れ、魅力向上に地道に取り組んできた成果もあり現在、志願者数は定数を常に大きく上回っている。女性も常に一定数の入学があり、女学生によって自発的に立ち上げられた「林業女子会」なども特徴的。広大な山林・森林・林野を有し、古くから関連する産業も盛んだった長野県の特徴・強みを活かした、関係行政機関や複数の専門教育機関の連携による「木曽・伊那フォレストバレー構想」の今後の進展も興味深い。県政の森林・林業分野政策の中に、しっかりと位置付けられた林業大学校。さらなる発展と出身人材の活躍を心から期待しつつ、私たちも多くの示唆を得ることができた。ご対応いただいた同県林務部信州の木活用課担い手係H係長とT主事に、心から御礼申し上げたい。

#栃木県議会 #民主市民クラブ #政務調査 #長野県 #林業大学校 #群馬県 #長野県林業大学校 #専修学校 #林業女子会

↓ 関連サイト

長野県公式サイト
【長野県林業大学校】https://www.pref.nagano.lg.jp/ringyodai/
【森林・林業】https://www.pref.nagano.lg.jp/sangyo/ringyo/index.html

栃木県公式サイト
【林業】http://www.pref.tochigi.lg.jp/sangyou/ringyou/index.html
【自然・動植物】http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/shizen/index.html
【とちぎの元気な森づくり(とちぎの元気な森づくり県民税事業)】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/d01/eco/shinrin/zenpan/genkinamoridukuri.html?fbclid=IwAR045nKKU1H38ot6l7ZqepfEiwfrao_jI6aLxVcLGtIhugN98KxLWtcDX_k

栃木県議会 民主市民クラブ<政務調査 活動>長野県へ!

関連記事
ページトップ