【栃木県議会 民主市民クラブ<政務調査活動>群馬県へ!】

0 0
【栃木県議会 民主市民クラブ
         <政務調査 活動>群馬県へ!】

 
 日  時:2020年1月31日(金)
 場  所:群馬県議会

こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookでの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

長野県が林業特化の大学校だったのに対し群馬県は1983(昭和58)年に同県立 #農業大学校(農学科・蚕業学科・農業協同組合経営学科)と 同県立 #農業経営大学校 を統合・再編する折に、当時の同県議会からの強い声もあり、林学科を新設し同県立 農林大学校を設立。今回のテーマからは林学科だけを辿ると、2003(平成15)年に森林学科、2007(平成19)年には農林業ビジネス学科内の森林・環境コース、2017(平成29)年に同学科内の森林コースとして、現在に至っている。なお前身の農業大学校をさらに遡ると、なんと!1920(大正9)年の農業技術員養成所に原蚕種製造所講習と、実に100年の歴史を誇る。また2005(平成17)年には農業改良助長法に基づく #農業者研修教育施設 に加え、学校教育法に基づく #専修学校 に。

現在の定数は、農林大学校農林部の学生として100名X2年制。内訳は、農業経営学科55名と農林業ビジネス学科45名。この農林業ビジネス学科の内、森林コースとして20名となっている。(これに加え研修部として、学生カリキュラム以外にも①ぐんま農業実践学校 と称し本格的農業経営に必要な知識・技術習得や円滑な就農支援、②さらに大型特殊自動車の免許取得や農業機械の効率的な利用技術習得を図り農作業安全を推進するための農業機械研修、③加えて一般県民を対象とした公開講座 農と食のふれあい講座により県民に開かれた大学校を目指している。なお、研修部の定数は732名。)

林業を学べる大学校は現在、全国で18校。その内、農業・林業の併設校は5校。(※静岡県は、林業分校方式。)併設校ならではの特徴・メリット・課題等を、詳細に聴取。演習林としての県有林の活用や宿泊研修施設の運用等、県政の所管当局・関連部局との連携の工夫についても、ここでも実に多くの示唆を得る調査となった。「学びたいが、ここにある」をキャッチに、多くに魅力をアピールしている群馬県立農業大学校。実践力・経営力・人間力を高める、とても魅力的なキャンパスライフ。どの学生の笑顔もキラキラとして、見ているだけでワクワクするようなパンフレット。教職員をはじめ行政も、さらには学生自らも、みんなで地道に積み重ねている魅力アップ。大学校のさらなる発展とみなさんのご活躍を心からご期待申し上げ、ご対応いただいたS校長・T農林部長、さらに本庁所管の農政部農業構造政策課A課長はじめ関係各位のご協力に心より御礼申し上げたい。

#栃木県議会 #民主市民クラブ #政務調査 #群馬県 #長野県 #農業大学校 #農業者研修教育施設 #専修学校 ぐんま農業実践学校 #農と食のふれあい講座

↓ 関連サイト

群馬県公式サイト
#群馬県立農林大学校】http://gunma-iaf.ac.jp/
【農業・林業】https://www.pref.gunma.jp/cate_list/ct00001765.html

栃木県公式サイト
【林業】http://www.pref.tochigi.lg.jp/sangyou/ringyou/index.html
【自然・動植物】http://www.pref.tochigi.lg.jp/kurashi/shizen/index.html
【とちぎの元気な森づくり(とちぎの元気な森づくり県民税事業)】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/d01/eco/shinrin/zenpan/genkinamoridukuri.html?fbclid=IwAR2ZVDL1q3AoqdqgTPBnKgJ9vnJDVzBlQyISFVhUdWe7D6uLTywuO0FQnko

栃木県議会 民主市民クラブ<政務調査活動>群馬県へ!①

栃木県議会 民主市民クラブ<政務調査活動>群馬県へ!②

栃木県議会 民主市民クラブ<政務調査活動>群馬県へ!③


関連記事
ページトップ