FC2ブログ

【栃木県議会<農林環境委員会>開催される!】農政部編

【栃木県議会<農林環境委員会>開催される!】農政部編

 日  時:2014年5月16日(金)
 場  所:栃木県議会議事堂


こんにちは!斉藤たかあきです!
<facebookへの投稿を再編集しましたので、ご覧ください!>

今年度の特定テーマについて、執行部より現状や課題等の説明聴取と質疑、同時に委員間討議が行われた。農政部は「園芸の生産振興」、環境森林部は「森林・林業の発信力強化戦略」。
まず、農政部から。昨年度統計では、栃木県の農業産出額は2,786億円で過去最高となる全国8位。その内、園芸産出額は975億円で同13位。最近10年間の増加率では、なんと同2位!中でも100億円を超える品目は『いちご』が251億円、『トマト』は126億円。最近10年間の産出額増加率が高い品目は『アスパラガス』や『ほうれんそう』等、施設利用型のものが多く含まれているとのこと。今後は100億円を超える品目を、もっと増やすための戦略が求めらていれる。野菜の他、果樹の産出額では『なし』が全国3位、『ぶどう』も同13位と健闘。ちなみに果樹合計では、同23位。特に『なし』は従来の “ 幸水 ” “ 豊水 ” に加え、熟期の異なる極晩生オリジナル品種 “ にっこり ” 効果も功を奏し、1戸当たり収穫量では全国1位 !! また花卉は産出額66億円と減少傾向にあるが、『スプレーぎく』や『トルコギキョウ』では若い生産者が増加している。ちなみに『スプレーぎく』の作付面積では79haで全国3位、『シクラメン』は15haで同4位。他にもオリジナル品種だと『あじさい』の「きらきら星」や同じく『りんどう』の「るりおとめ」等は高い評価を得て、生産が増加・拡大傾向にある。
消費者ニーズが刻々と変化し多様化する中、これからの農業が目指す方向性も拡がっている。栃木県の “ らしさ ” を追求しながら、時代に見合った力強い農業を実現するための対策について調査・研究を深め、今後の提言に活かしていきたい。

栃木県公式サイト
【産業・しごと】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/sangyou/index.html
【農業】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/sangyou/nougyou/index.html

栃木県議会<農林環境委員会>開催される!農政部編①

栃木県議会<農林環境委員会>開催される!農政部編②

栃木県議会<農林環境委員会>開催される!農政部編③

栃木県議会<農林環境委員会>開催される!農政部編④

栃木県議会<農林環境委員会>開催される!農政部編⑤

栃木県議会<農林環境委員会>開催される!農政部編⑥

栃木県議会<農林環境委員会>開催される!農政部編⑦

栃木県議会<農林環境委員会>開催される!農政部編⑧

栃木県議会<農林環境委員会>開催される!農政部編⑨

栃木県議会<農林環境委員会>開催される!農政部編⑩

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤たかあき 栃木県議会議員/宇都宮市・上三川町選挙区/4期目

Author:斉藤たかあき 栃木県議会議員/宇都宮市・上三川町選挙区/4期目
47歳、いつも身近な行動派!
行動します!新たな躍進へ !!
もっと元気な栃木県に ( •̀ᴗ•́)و
性格は “ 有言実行 ” タイプ!
心身ともにタフ そして 大胆 !? でも、意外に繊細 !? かな…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR